梅干しだけど見た目はトリュフ! ワインやシャンパンとも相性抜群だという “洋風梅干し” とは…?

写真拡大

梅干しといえば、ご飯のおともやおにぎりの具など、とにかく“和”のイメージ。そんな和の印象をくつがえす洋風梅干しが誕生するんですって!

紀州梅の新しい楽しみ方を提案する「プラムコンシェルジュ」から発売されるのは、ピューレ状の梅干しにチーズを練り込んだ「梅チーズ」2種類と、ピューレ状の梅干しを冷燻した万能調味料「燻し梅ピューレ」。

なんでもワインやシャンパンとも相性抜群らしいんです! なんてオシャレなの……!!

【梅干しのトリュフ!? 「梅チーズ」】

まるでトリュフのような見た目をしている「梅チーズ」。まず梅は、和歌山県産の高級品種である紀州南高梅を、チーズの塩味とのバランスを考えて7〜8%まで減塩しているそうです。

いっぽう、チーズは12カ月以上熟成させた最高品質のフランス産コンテチーズを使用。これをチーズおろしで細かく削って、ピューレ状にした梅干とに練り合わせて丸いボール状に成形。そこに、おろしたイタリア産パルミジャーノをふんわりとかけて“トリュフ風”にしたそう。

「梅チーズ」は2種類あって、ひとつは梅ピューレにハイビスカスのパウダーを加えてフルーティな味わいにした赤い「梅チーズトリュフ仕立て」。もうひとつは、梅ピューレにパウダー状の備長炭を加えて酸味をマイルドにし、パルジャミーノを軽くいぶした「梅チーズトリュフ仕立て(備長)」。備長の方は、黒くて見た目もトリュフそっくりです。お好きなほうをどうぞ!

【万能調味料「燻し梅ピューレ」】

さらに、調味料として使える「燻し梅ピューレ」も。

こちらは、その名の通り、燻製した梅ピューレ。紀州南高梅の梅干しをつかったピューレに、水あめや砂糖、みりん等で調味した後に、約16時間かけて桜チップで燻したもの。口に含むと甘酸っぱい梅の味が広がり、そのあと燻製の味や香りを楽しめまるそうです。

和洋中、さまざまな食材や料理にマッチするということで魅力的です。たとえば白身魚のお刺身にオリーブオイルと合わせてかける“カルパッチョ風”やクリーム系のパスタソース、お肉のステーキソースなどにも相性よし♪

マンネリしがちだった味つけやシンプルな料理を、かけるだけで新鮮な味わいにしてくれそうです。クリームチーズの上にかけるとビールの最高にアテになるらしい……試してみたい!

【梅干しの新たな可能性を楽しめそう】

ワインやシャンパンのおつまみに、料理のアクセントに、ちょっとしたおもたせにといろいろと使えそうな「梅チーズ」と「燻し梅ピューレ」。

商品は販売元「勝僖梅」ウェブサイトの通販ページから購入可能です。「梅チーズトリュフ仕立て」は50gで税別800円、「梅チーズトリュフ仕立て(備長)」は50gで税別900円、「燻し梅ピューレ」は250gで税別2500円となっています。

参照元:勝僖梅
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る