ギズモード・ジャパンより転載:春の訪れを感じることも多くなってきた今日この頃ですが、まだまだ寒い日も続きます。

凍えるような寒さの中でバスを待っているとき、バス停の周りをグルグル走ってみたら少しはこの辛い寒さから逃れられるんじゃないかって考えたことはありませんか? まあ確かに、何かしらのエクササイズをすれば身体は熱を発し、温まることができるはずですよね? 結論から言うと、この作戦には効果があります。でも、その効果が現れるにはある程度のスピードが必要になってくるんです。

物理をイラストでわかりやすく解説するYouTubeチャンネルMinute Physicsが、その効果とスピードの関係について計算を元に説明してくれています。



人が暖かさもしくは寒さを感じるのには数え切れないほどのさまざまな要因(気温、降水量、標高などなど)があるものの、彼らは興味深いある結論に達したようです。

まず最初に、ただ立っている状態。このとき人の身体は熱を失うと同時に、熱をできるだけ逃さないよう身体の表面に暖かい保護層を形成しています。次に走り出したとき。正面からぶつかる空気がこの層を剥ぎ取っていきますが、それと同時に身体はカロリーを消費することでさらなる熱を作り出していきます。

Minute Physicsの計算によると、気温が摂氏0度の氷点に達するとき、完全に素っ裸の状態で外に立っていたとしたら、ただ立っているよりも暖かいと感じるためには最低でも時速12マイル(約19km/h)で走る必要があるそうです。ということは、1マイル(約1.6km)を5分で走ることになりますね。とはいえ、皆さんのほとんどの方は節度を守って服を着ていると思うので、外気が冷たくても晒されている肌の部分は最小限になります。そうすると実際には、時速4マイル(約6.4km/h)で、ただ立っているだけよりも暖かいと感じることができるそうです。これは走るというより早歩きくらいの速度ですね。

ものすごいスピードで走って汗びっしょりになった結果、服に染み込んだ汗が蒸発するときに熱を奪われて最終的にもっと寒くなる、なんてことになってしまっては本末転倒ですからね。適切な服装をしていれば、早歩き程度の運動でも朝のバス待ち地獄を耐え忍ぶには十分効果的なようです。


top image: YouTube
source: YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(hana)