中村俊輔から2ゴール! 磐田が劇的な逆転で、今季ヤマハスタジアム初勝利! 写真:田中研治 

写真拡大 (全3枚)

[J1リーグ7節] ジュビロ磐田 2-1 サガン鳥栖/4月16日/ヤマハ

 90+4分、ムサエフの逆転弾が鳥栖ゴールに突き刺さった瞬間、中村俊輔は胸元でグッと握りこぶしを固め、満面の笑みを浮かべた。88分に鳥栖に先制点を与えたものの、そこからの大逆転勝利。

 用意されていたのは、まさに誰もが予想できないようなシナリオだ。その磐田の攻撃の中心にいたのは、背番号10だった。
 
 今季初めて採用された3-4-2-1のシャドー(2列目)で先発。プレシーズンでもテストされていた布陣とあって、中村自身も「やりにくいとは思わなかった」と言う。敵陣のサイドにできた空いたスペースを突いてボールを受けつつ、状況に応じて中央からの打開を試みていった。
 
 ただし試合全体は、磐田の名波浩、鳥栖のフィッカデンティ両監督が語っていたように、「相手の特長を消し合う、チャンスの少ない」展開となった。ホームチームは中村のFKやCKの他に、なかなか見せ場を作り出せなかった。
 
 試合終盤に試合が目まぐるしく動いた。84分のアダイウトン投入後に4-2-3-1へシフト。しかし88分、中村が「俺のミス」と認めたボールを失ったところからCKを奪われ、豊田陽平にヘッドで先制ゴールを決められてしまった。
 
 だがそこから一気に挽回し、残り「5分間」で痺れる逆転劇が起きた。先制された直後の89分、右サイドのゴールライン際で相手をかわす中村の技ありのクロスから、アダイウトンの同点ゴールが決まる。

「(小川)航基がしっかり相手を潰して、アダ(アダイウトン)が空いているのが分かった。ヘッドではなく、ボレーに合わせようと思ったので、優し目に上げた」
 
 中村はそのように振り返った。
 中村の洞察力が生かされた、計算し尽くされたクロスだった。
 
 さらにアディショナルタイム、背番号10から左サイドへ展開。パスを受けたアダイウトンのクロスのこぼれ球から、ムサエフの劇的逆転ゴールが決まった。
 
「(ヤマハスタジアムでの初勝利について)やっと勝てた。途中から入った選手が躍動し、責任感のあるプレーを見せ、機能したのは大きい。でもまだまだミスもある。自分がボールを失ったところは一番の反省点。また、ボールが欲しい時に出てこないことも多い」
 
 勝ったからこそ、と言える。中村は自分自身と磐田が抱える課題を挙げていった。
 
「点を先に取られたことで、思い切っていいプレーができる。割り切った時に、一段階上のギアが入る。ただ、それは当たり前とも言える。そのギアの入れ方がまだ下手。前半のうちや、『ここだ』という時に、全員で連動し合って続けて仕掛けていき、共有し合えないといけない。点を取られる前にギアを上げないと」
 
 そして中村は言った。
 
「もっとゲームを読む感覚を身に付けたい」
 
 38歳の司令塔は自分自身に、そしてチームメイトにそう要求していた。
 
 例えばギアを落として、速度は遅くても構わないから重心をしっかり落とし、守備に力を入れてもいい。そこから試合の流れを読み、前半のうちから、ギアを1段、さらに2段、3段と上げたり、下げたり……そういった変化を付けて、試合をコントロールすること。チーム全体で『試合を読む力』を探求していきたいというのだ。
 
 開幕から1か月半が経った。確かに磐田にまだ足りないのは、そういった駆け引きで相手に勝る狡猾さと言える。勝つことで覚えていける術だ。
 
 リーグ戦は3勝1分3敗と再び勝率を5割に戻し、順位も10位へ浮上。そして中村は、全試合ほぼフル出場(大宮戦で89分に交代した以外、フルタイム出場中)を続けている。
 
 試行錯誤の続いた新司令塔と磐田の融合も着実に進んでいることを示せた。なにより今回の派手な逆転勝利によって、トップギアに入れて突き抜ける瞬間を、ホームのサポーターとともに体感できたことは大きな意味を持つはずだ。

 しかも、伸びしろ(可能性)はまだ十分に残す。それは磐田にとって、楽しみな要素であるに違いない。
 
【磐田 2-1 鳥栖 PHOTO】磐田大逆転を厳選写真で振り返る。筧利夫がすべった!?

取材・文:塚越始(サッカーダイジェスト編集部)