【詳細】他の写真はこちら

写真のちょっとした加工は標準アプリ「フォト」におまかせ



写真の閲覧に便利な「フォト」は、Windows 10の標準アプリ。単純に1枚ずつ表示するだけでなく、スライドショーやアルバムといった機能があるため、大量にある写真のチェックや管理に役立てている人も多いかと思います。

このフォトで使える強力な機能のひとつが、「編集」です。写真の一部切り抜き、反転、回転といったことができるほか、自動補正の強度設定やフィルタの適用、明るさや色の調整、赤目修正などが可能で、高価な市販ソフトを使うことなく、写真をキレイに修正できるのです。

編集機能を使うには、写真を表示した後で右上にある「編集」ボタンをクリックするだけ。あとは好みになるよう写真をいじりましょう。最後に「保存」ボタンをクリックすると編集した内容に写真が上書きされます。元の写真を残しておきたい場合は「コピーを保存」を使うといいでしょう。

一般的なフォトレタッチソフトとくらべてしまうと凝ったことはできませんが、SNSなどへアップする写真や友人に見せる写真を少しいじりたいといった用途では十分。むしろ機能が少ないぶん迷うことなく操作できるので、手早くサッと修正して公開したい場合におすすめです。



▲「編集」ボタンを押すと、編集画面に切り替わります。ここから「クロップと回転」「補正」「調整」の大きく3つの機能が利用できます。



▲「クロップと回転」は、切り抜きや角度の調整、左右反転に使える機能。余計な部分を切り落として、見せたい部分だけにするといった加工ができます。



▲「補正」は自動補正の強度やフィルターを変更する機能。多数のフィルターが用意されており、選ぶだけで写真の雰囲気がガラリと変わるのが面白いです。



▲「調整」は明るさや色温度などを変更する機能。スライダーで動かすだけですぐに効果を確認できるので、画像を見ながら調整できるのが便利です。赤目修正などもここでできます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

関連記事



Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ