急速に発達する低気圧の影響で、きょう17日昼過ぎからあす18日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で強い風が吹き、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁によると、黄海にある前線を伴った低気圧が北東に進み、今後急速に発達しながら、きょう夕方からあすにかけて、日本海を北東に進む見込みとなっています。この低気圧や前線に向かって、南から湿った空気が流れ込むため、西日本から東日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となるでしょう。西日本から北日本にかけての広い範囲で、海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしける見込みです。また、太平洋側を中心に局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるため、気象庁では、暴風や高波、土砂災害、低地の浸水、河川の増水に警戒・注意するよう呼びかけています。

■今後の見通し
≪暴風・高波≫
【最大瞬間風速】(〜18日)
・35m/s 北海道地方、関東甲信地方、北陸地方、近畿地方、四国地方
・30m/s 東北地方、東海地方、中国地方、九州北部地方、九州南部・奄美地方

【波の高さ】(〜18日)
・5m 北海道地方、東北地方、関東甲信地方、北陸地方、近畿地方、四国地方
・4m 東海地方、九州北部地方
・3m 中国地方、九州南部・奄美地方

≪大雨≫
【予想24時間雨量】
(〜18日06:00、多い所)
・250mm 四国地方
・200mm 東海地方、近畿地方
・180mm 九州北部地方、九州南部
・150mm 関東甲信地方
・120mm 北陸地方、奄美地方、沖縄地方
・100mm 中国地方
※あす18日は東日本や北日本でも大雨のおそれ

■防災事項
・警戒・注意:暴風、高波、土砂災害、低地の浸水、河川の増水
・注意:落雷、竜巻などの激しい突風、融雪による河川の増水や土砂災害、なだれ
※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

◆用語解説「非常に激しい雨」
 1時間50〜80mm未満の雨、滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。土石流が起こりやすくなったり、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込むなど、多くの災害が発生するおそれが。

※ライブドアニュース配信記事・写真の無断転載を禁じます。