13日、米華字メディア・世界日報によると、中国の公園でよく見られる中高年女性らの集団ダンス「広場舞」が米国でも騒音問題を引き起こしている。写真は中国の公園での広場舞。

写真拡大

2017年4月13日、米華字メディア・世界日報によると、中国の公園でよく見られる中高年女性らの集団ダンス「広場舞」が米国でも騒音問題を引き起こしている。

近隣住民から「迷惑」との声が上がったのは、ニューヨーク市ブルックリンのサンセットパークで繰り広げられているダンスだ。このエリアは華人が多く住んでおり、地元警察が先日開いた住民との意見交換会では「華人が集団で朝からダンスをしているが、音楽の音量が大きすぎて耐えられない」との声が上がった。母親が公園の向かいにあるアパートに住んでいるという女性は「毎朝ダンスの音に迷惑している。体を鍛えることは良いことだが音楽なしでダンスすることはできないのか?流すとしても眠っている人の邪魔はしないでほしい」と発言。女性によると、ここ約10年、同エリアの華人が増えるにつれ問題は深刻化しており、複数の集団がそれぞれメンバーを増やすために大音量の音楽でアピールしているという。警察側はこの指摘に対し「これを理由に逮捕することはできないが…」とした上で、公共の場での振る舞いに注意するよう呼び掛けた。(翻訳・編集/野谷)