ある日、SNSを開いて見知らぬ人からこんなメッセージが届いていたら、あなたならどうするだろうか。

「あなたと同姓同名の友人が、急に旅行に来れなくなったんだ」
「無料でいいから一緒に旅行しないか?」

怪しいと感じて、返信すらしない人がほとんどだろう。ただし、英マンチェスターに住むジョー・マクグラスさん(21)は、違った。

あるFacebookに届いたメッセージ

マクグラスさんのもとに、見ず知らずのダンという男性からこんなメッセージが届いた。

「ハイ、ジョー。9人の赤の他人と旅行に来る気はないかな? 飛行機もホテルも手配済みなんだ」

そしてマクグラスさんを誘った理由を、こう説明している。

「友だちのネイサンが30歳になるから、スペインのマヨルカ島へのサプライズ旅行を企画したんだ。でも友達のジョー・マクグラスが来れなくなってさ。ネイサンもがっかりすると思うんだ」

つまり、“ジョー・マクグラス”の名前で取ったチケットを無駄にしないために、彼を誘ったのだという。

メッセージに返信したのはただ一人

このメッセージを送ったダンさんは、実は15人のジョー・マクグラスに同じメッセージを送っていた。

ただし、返事が来たのはただ一人だったという。

もちろん返信はしたものの、マクグラスさんの気持ちは揺れていた。いたずらのたぐいだと思ったそうだ。

ただし、ダンさんのプロフィールに怪しさを感じなかったマクグラスさんは、ダンさんに電話。一緒に旅をすることにしたそうだ。

▼そしてこうなった

joemcgrath95/Twitter

もちろん、中央にいるのがマクグラスさんだ。

▼9人の他人と一緒にいるとは思えないリラックスぶり

joemcgrath95/Twitter

▼左から2番目がダンさん

Ian Andrews/Facebook

すぐにグループになじんだ

BBCのツイッターによると、マクグラスさんが見知らぬ人たちと仲良くなるのにそう時間はかからなかったそうだ。

今度はお礼として、ブリストルに住むみんなをマンチェスターに招いて楽しい夜を過ごそうかとも思っているという。

また、オリジナルのジョー・マクグラスさんに会う日も楽しみだとか。

周りの人の反応は

お父さんからは「本当の話か?」と、4、5回ほど聞かれたという。お母さんに至っては、頭がおかしくなったのかと疑われたそうだ。無事に帰ってきて喜んでいるという。

4月5日にこの出来事をTwitterで報告すると、1週間も経たないうちに7,700件を超えるリツイートと3万2,000件近くのいいねを受けた。

4月10日には朝のニュース番組「Good Morning Britain」にマクグラスさんは、ダンさんや新しい友人2人とともに出演。

この出来事についてのインタビューに答えている。

マクグラスさんは旅を楽しみ、新しい友人ができたが、SNSで同様のお誘いを受けてもあまりついていかない方がいいだろう。