青空の下のヨガや手ぶらBBQも!虎ノ門ヒルズで春を楽しむイベント

写真拡大 (全6枚)



虎ノ門ヒルズでは、芝生が広がるオーバル広場で青空ヨガスタジオを開催中。ゴールデンウィークの間も、10時からと19時からの2つのレッスン時間が選べる。また、広場の横のテラス席では、一流シェフによるチャイニーズテイストのバーベキューも楽しめるそう。リラックスもグルメも、都心で手に入れたいなら、虎ノ門ヒルズへ。

◆サンデーヨガも夜ヨガも。爽やかな風が心地よい芝生の広場に青空ヨガスタジオがオープン

虎ノ門ヒルズ2階に広がる芝生が美しいオープンスペースのオーバル広場では、2017年4月9日(日)から6月11日(日)の期間、大人気のヨガイベント「OUR PARKS “TORANOMON HILLS YOGA”」を開催中。今回は恒例のサンデーヨガに加えて、月曜開催の夜ヨガも行われるそう。

ゴールデンウィークの期間中は、サンデーヨガが4月30日(日)と5月7日(日)の10時から、平日の夜ヨガが5月1日(月)の19時から。予約は不要だけど、HPから事前予約をしておくとスムーズに参加できるので、気になる人は予約をしておくといいかも。



OUR PARKS “TORANOMON HILLS YOGA” (昨年開催の様子)

また、今回から参加費500円を払うと、参加者全員に「虎ノ門ヒルズ」および新虎通りにある「旅する新虎マーケット」で利用できるクーポンがプレゼントされる。ヨガでリフレッシュした後は、カフェタイムやショッピングを楽しんで。

◆ミシュラン一つ星シェフ監修のチャイニーズテイストBBQを手ぶらで楽しむ贅沢も

芝生が広がる広場に面した「虎ノ門ヒルズカフェ」のテラス席では、期間中に「Toranomon Hills BBQ」を開催。こちらでは、中華とフレンチを融合したミシュラン一つ星のレストラン「Chi-Fu(シーフ)」の東浩二シェフの監修で、中国の伝統的な調味料を使ったここでしか味わえないチャイニーズテイストのBBQがいただける。

コースは、豚肉を使った「カジュアルコース」(5184円)、牛肉を使った「ベーシックコース」(6264円)、和牛を使った「プレミアムコース」(7344円)の3種類から選べるけれど、どれもオリジナルソースで味付けされたお肉がたまらない。



ミシュラン一つ星・東浩二シェフのこだわりが詰まった創作BBQメニュー

冷製ベジスープや彩りサラダなどの前菜やつけ合わせも、シェフのこだわりが詰まったオリジナルメニューが揃う。開放的な空間の中にいて、都心で手ぶらで、極上のBBQを堪能できるのが嬉しい。お休みの期間中は、友達とピクニック気分で外ご飯を食べるのも、気持ちよさそう。

体をほぐすヨガも気軽に味わえる手ぶらBBQも、虎ノ門ヒルズの心地よいオープンスペースで満喫して。



TEL.03-6206-1407(虎ノ門ヒルズカフェ)
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ
アクセス:東京メトロ「虎ノ門駅」1番出口より徒歩5分、 東京メトロ「神谷町駅」3番出より徒歩6分、東京メトロ「霞ヶ関駅」A12出口より徒歩8分、都営地下鉄「内幸町駅」A3出口より徒歩8分、JR「新橋駅」烏森口より徒歩11分

■OUR PARKS SPRING “TORANOMON HILLS YOGA”
開催期間:4月9日(日)〜 6月11日(日)
・サンデーヨガ:期間中の毎週日曜 10:00〜11:00(受付開始 9:30)計10回
・平日夜ヨガ: 期間中の毎週月曜 19:00〜20:00(受付開始 18:30)計9回
場所::虎ノ門ヒルズ オーバル広場
料金: 500円 (貸出マット: 500円、先着150名)
※参加者には「虎ノ門ヒルズ」および「旅する新虎マーケット」で使用できる500円クーポンをプレゼント
※雨天時の実施状況は、虎ノ門ヒルズFacebookページに掲載
※ロッカー・更衣室はなし
※事前申込フォーム http://bit.ly/1Nkg1N5
■Toranomon Hills BBQ
場所:虎ノ門ヒルズカフェ オーバル広場横テラス席
開催時間:平日17:00〜22:00、土・日・祝11:00〜22:00
座席数:約40席
メニュー:カジュアルコース5184円(飲み放題120分)、ベーシックコース6264円(飲み放題150分)、プレミアムコース7344円(飲み放題180分)
※LOはいずれも30分前
※すべてのメニューに坦々麺とジェラート付
※2名より予約受付。当日予約不可

NAOKO YOSHIDA (はちどり)



今年のゴールデンウィークは最大9日間、この長期休暇をどんな風に過ごしますか? 

読者アンケートからわかったのは、今年は休暇を賢く分割。帰ふらりと町を歩き、プチ旅を楽しみ、おうちでリラックスタイムも楽しむ、組み合わせ技で「気ままな休日」を過ごす人が多数。そこで編集部は、「町」と「旅」をテーマに総力取材。美術展、花やアウトドアのイベント、温泉、グルメなどGWをちょっと素敵にする体験をご提案!