写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●EZM(アインザッツ・ツァイト・メッサー)の新作
スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、ジンは、同社の正式名称が「ジン スペツィアルウーレン」(ジン特殊時計会社)であることを再認識させるモデルを発表。その技術と理論、そして哲学にあふれる時計作りの姿勢から、今年も目が離せなくなりそうだ(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて税別)。

○EZM12

EZMシリーズは、ジンの「ミッションタイマー」である。EZMとは「アインザッツ・ツァイト・メッサー」の意で、「アインザッツ」は危険をおかす出撃・出動を、「ツァイト」は時刻を、「メッサー」は計測機器を意味する。なお、今年はEZMシリーズの20周年であり、ニューモデルの登場に期待が高まっていた。そんな中で発表されたのが「EZM12」だ。

今回のテーマは「航空救急」。いわゆるドクターヘリに搭乗する医師のために開発された時計だという。救急活動には「プラチナの10分、黄金の一時間」という言葉があり、最初の10分で応急処置を、事故から1時間以内に病院に搬送することで救命の可能性が大きくなる。そのために正確・迅速な計測が必要なのだ。

EZM12は、経過時間を把握しやすいカウントアップ式のインナーベゼルと、投与された薬品の効き目が出始めるまでの時間を計測できるカウントダウン式の回転ベゼルを装備。また、ヘリのローターを模した十字の秒針(パルスローター)は最長15秒間で針が0(12時)位置を通過することから、ストップウオッチへの切り替え操作をせずに心拍計測が行える。

さらに、その用途から、ケースは耐薬品仕様。水や薬品が溜まって腐食が発生しないよう凹凸部分が少なく、バックの彫り込みも浅い。時計内の湿度を一定に保つドライカプセルも、EZM12では(ケースにネジ穴を開けることを避けるため)りゅうずに内蔵している。ベゼルは付属するツールで簡単に取り外すことができ、シリコンストラップの取り外しも工具不要。なお、ストラップがオレンジ色のモデルも用意される。

ムーブメントは自動巻で、パワーリザーブは38時間。ケースはテギメント加工のSS(ステンレス・スチール)製、外径は44mm、ストラップを除く質量は122g。風防は両面サファイアクリスタルガラスで20気圧防水。価格は56万円で、発売予定は4月末〜5月上旬。世界限定300本。

●ジュエリー・ピース、434シリーズ
○434シリーズ

434シリーズはケース径34mmのレディースモデルで、ジンのジュエリー・ピースだ。SSケースに、ブラックとマザー・オブ・パールという2種類のダイヤルと、3種類のベゼル(18Kホワイトゴールド+68石ダイヤモンド、18Kイエローゴールド、SS)、さらに4種のバンド(5連SSブレス、ブラウンカーフ、グレーカーフ、ブラックカーフ、ホワイトカーフ)を組み合わせで、実に計30アイテムをラインナップする。ちなみに、ベゼルにセットされるダイヤモンドは計0.68ct。

ラインナップの豊富さに加えて、目を引くのが、ダイヤルの[Q]マークが示す「Qテクノロジー」だ。クォーツムーブメントは、いわゆるステッピングモーターを使用しており、駆動時にごく微量ながら電磁波を発生させる。通常は人体に影響を及ぼすレベルではないが、中にはこれに反応して体調に変調をきたす、電磁波にきわめて敏感な人がいる。そこで、この周波数と同調する吸収特性を持った特殊金属でムーブメントを覆ってしまうのだ。

ブースでは、実際に使用ムーブメントの電磁波を計測する実験を見せてもらうことができた。ムーブメントを直に計測器に置くと、秒針が動くたびに検出音が鳴るのだが、ムーブメントと計測器の間にQテクノロジーの特殊金属で造られた裏ぶたを入れると、途端に電磁波の検出音がなくなる!

風防は両面無反射サファイアクリスタルで、10気圧防水。価格は、ダイヤモンドセットベゼル+5連SSブレスモデルが81万円、ダイヤモンドセットベゼル+カーフモデルが75万円、18Kベゼル+5連SSブレスモデルが28万円、18Kベゼル+カーフモデルが22万円、SSベゼル+5連SSブレスモデルが18万円、SSベゼル+カーフモデルが12万円。6月発売予定。

●日本人の腕にも好相性の38.5mmクロノグラフ
○356.SA.フリーガーIII

日本人の腕にもマッチングの良い38.5mmのサイズと、クラシカルで上品なサテン仕上げが魅力のクロノグラフ「356.SA.フリーガーIII」(「フリーガー」はパイロットの意)。従来のブラックダイヤル、コパーダイヤルに続き、今作は豪華なギョーシェ彫りシルバーダイヤルモデルが登場する。

美しいギョーシェダイヤルに加えて、今作は風防も見どころ。フリーガーシリーズの風防は、ドイツ国防軍の仕様に合わせた強化アクリルだったが、今作ではサファイアクリスタルを採用。厚さ5mmのガラス塊を特別な工具で慎重に研磨、5種類の異なる曲率半径を持つドーム型風防を作り出した。これにより、クラシックな外観と弾力ある強度を両立。極端な光源下でも文字や時刻が読みやすい、両面無反射コーティングも施されている。

ムーブメントは自動巻で、パワーリザーブは46時間。10気圧防水。耐衝撃性、耐磁性、防水性とも、もちろんミルスペック(軍が要求する仕様)をパスしている。5連SSブレスモデル(42万円)と型押しレザートラップモデル(37万円)が用意されるが、3連SSブレスの注文も可能らしいので、希望する方は問い合わせてみてほしい。

(青木淳一)