ペルーのリマにある公園で、病気でほとんど動けずにいた生後3か月の子猫が保護されました。

発見した夫婦の看病によって元気を取り戻しましたが、みすぼらしい見た目としばらく医療費もかかることから、良い里親が現れる確率は高くありません。

そこで夫婦は、自分たちで引き取って育てることにしました。

 

Kitten Who Was Brought Back from the Brink, Clings to Her Rescuers, Now 2 Years Later


チーファと名付けられた子猫。性別はメス。


毛はぼさぼさで、弱々しいながらも懐いてくれました。


すくすくと成長を遂げるチーファ。

[画像を見る]
毛並みも美しくなり……。

[画像を見る]
他の猫と比べてもかなり大きなサイズになりました。

[画像を見る]
そして2年後。こんなに立派な毛並みに!

夫婦によれば、引き取ってから1年は毛は伸びなかったので、急にふさふさになり始めて驚いたそうです。

お友達の猫(メス)とは、いつもピッタリくっつくほどの仲良しで、楽しい生活を送っているとのことです。

【「病気でみすぼらしい子猫を拾って育てることにした…」→2年後、飼い主が驚くほどフサフサの毛に】を全て見る