Appleがカリフォルニア州から自動運転のテスト許可を受ける!

以前よりAppleが自動運転技術の開発を進めていると言われていましたが、ついにアメリカ・カリフォルニア州から自動運転のテスト許可を得たとReutersが伝えています。

今回許可を得た車両は、トヨタ自動車「レクサス」のRX450h(2015年モデル)が3台で、ドライバーは6人とのこと。

また、電気自動車を開発しているとの予測も立っており、最終的には全てAppleが開発する自動運転対応車が出るのではとも噂されています。

ただし、今回のようにカルフォルニア州から自動運転テスト許可を取得したといって必ずしもAppleが自動運転対応車を作るとは限りません。例えば、自動運転に関わるソフトウェア、もしくはハードウェアのみを開発しているとの見方もあります。

筆者としては、Appleが作る自動運転対応の電気自動車を見てみたいものですし、Teslaの業績を見る限りは需要は十分にあると考えています。

どちらにせよ、Appleは自動車業界へ非常に興味を持っており、同社CEOであるティム・クック氏は「iPhoneをカーナビに統合させるといった構想」を持っているようですので、何かしらの動きはあるかと思います。

今回のテスト許可がそれを裏付ける結果となりました。今後の情報に期待したいですね!

記事執筆:YUKITO KATO


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・REUTERS