熊本地震復興マッチで熊本が松本に2-0快勝!!《J2》

写真拡大

▽16日に明治安田生命J2リーグ第8節のロアッソ熊本vs松本山雅がえがお健康スタジアムで行われ、2-0で熊本が勝利した。

▽2016年4月14日に起こった熊本地震から1年が経つ中、今回の一戦は『熊本地震復興支援マッチ』として実施された。重要な意味のある試合に臨む20位の熊本(勝ち点5)は、前節の愛媛FC戦に敗れて4連敗を喫している。対する5位の松本(勝ち点13)はV・ファーレン長崎に3-0と快勝して今季2度目の2連勝を飾った。

▽試合は早い時間帯に動きを見せる。7分、黒木からのロングボールを収めた安柄俊が右足を振り抜く。これはDFに当たってしまうが、こぼれ球を拾ったグスタボがドリブルでボックス内へと運び、自分でそのままシュートを叩き込んだ。

▽追いかける展開となった松本は22分に、工藤がワンタッチで出したパスに高崎が抜け出す。GKと一対一の局面となるが、高崎のシュートはクロスバーを越えてしまった。その後はお互いにアタッキングサードまで攻め込むが、スコアは動かずに熊本が1点リードで前半を終えた。

▽お互いに交代なしで迎えた後半、追いかける松本は511分に右CKの流れから後藤が浮き球をハーフボレーで狙うが、このシュートはクロスバーを越えてしまう。熊本も55分に左サイドから嶋田が持ち込んでシュートを放つが、こちらはGK村山のセーブに遭った。

▽松本は75分に決定機を作るが、左サイドから入ったクロスに三島が頭で合わせるがクロスバーを叩く。こぼれ球を高崎が頭で押し込みにかかるがボールはクロスバーを越えた。

▽すると80分、熊本は右サイドでFKを獲得。上里が蹴ったボールがそのままゴールネットを揺らして熊本が2点目を奪った。試合終盤は松本がボックス内にロングボールを放り込んでくるが、熊本も懸命に守り切り試合は終了。震災から1年が経つ大事な一戦で熊本が開幕節以来となるホームで2勝目を挙げた。