熊本が復興支援マッチを勝利で飾る…松本を下し開幕戦以来の勝ち点3

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第8節が16日に行われ、ロアッソ熊本と松本山雅FCが対戦した。

 開始7分、安柄俊がシュートを放つと、相手DFに当たりこぼれたボールを拾ったグスタボが左足を振り抜く。このシュートが決まり、ホームの熊本が先制に成功する。熊本移籍後初スタメンとなったグスタボは、このゴールがJリーグ初得点となった。しかし、熊本は40分にアクシデント発生。安がプレー続行不可能となり、巻誠一郎がピッチに入る。前半は熊本の1点リードで折り返す。

 追いかける松本は後半に入り75分、石原崇兆のクロスに三島康平が頭で合わせるが、このシュートはクロスバーに直撃。さらに高崎寛之も詰めたが、惜しくも枠を外れた。すると81分、上里一将の直接FKが決まり、熊本がリードを2点に広げる。

 試合は2−0で終了。4連敗中だった熊本は、開幕戦以来の勝利。一方、松本の連勝は2でストップした。

 次節、熊本はアウェイでツエーゲン金沢と、松本はアウェイで京都サンガF.C.と対戦する。

【スコア】
ロアッソ熊本 2−0 松本山雅FC

【得点者】
1−0 7分 グスタボ(熊本)
2−0 81分 上里一将(熊本)