愛情表現は言葉だけじゃない!オトコが本命にだけ送るLOVEサイン5つ

写真拡大

カップルでも素直に愛してると伝えるのは、照れくさいもの。

とくに男性の方は普段、思っていても相手への愛情を言葉にしません。
ですが、それでは本当に愛されてるのか不安になりますよね。

そこで今回は、男性が本当に愛してる女性にだけ見せる5つの行動や態度 を詳しくご紹介します。

●(1)用事がなくても連絡が来る

『好きな人とするメールなら、くだらない内容でもすごく癒される』(30歳/営業)

気軽に連絡を取り合う女性と違い、男性の場合は用事がないと連絡をして来ません。
男性が連絡してくるのは伝える必要のある要件がある時や、問題を解決するために意見交換をする必要がある時。
通常は用事のない時に連絡をしません。

そんな男性が用事のない時でも連絡をするのは、彼女を愛してる というサインなんです。
もし男性がこれといった要件のない時でも電話をしてきたり、その日の出来事など他愛のないメールを頻繁に送ってくるのなら、あなたの虜になっているということでしょう。

●(2)弱音を吐く

『普段言わないように気を付けてるんだけど、好きな人の前だとつい甘えたくなっちゃいます』(34歳/メーカー)

男性はプライドが高いので女性の前だと簡単に自分のかっこ悪い姿を見せません。
さらに女性が好きなのは強くて頼りになる男性なので、女性の前だと男性はやせ我慢をしてでも自分を大きく見せようとします。

そんな男性が気を許して素直に弱音を吐いたりするのは、本当に愛してる女性の前だけです。
男性が虚勢を張らずに自分の弱い部分をさらけだすのは、彼女に本当の自分を知ってほしいからであり、長く付き合っていきたい と感じている証拠なんです。

そのため、男性が仕事やプライベートのことで弱音を吐いても、頼りにならないとガッカりするのはやめましょう。
しっかり男性の話を聞いてあげて、あなたなりのアドバイスを伝えることで信頼に応えてあげることが大切です。

●(3)家族のことを話す

『本当に結婚したいと思ったら、もっと深く自分のことを知ってほしいので、自分の生い立ちを共有します。』(32歳/証券)

相手のことを本当に愛していたら、自分の事をより深く知って欲しいと感じるのは男性も同じなんです。
もし男性が家族の話をする ようになったら、自分の生い立ちや子ども時代の思い出などをあなたに知ってもらうことで、彼女とさらに親密な関係になりたいと願っている証拠だといえます。

そのため、男性が家族に関する話をしてきたら安易に否定的な発言をしてはいけません。
もし男性の話が家族に対して否定的なことを言ってもただの照れ隠しである可能性が高いため、便乗せずに男性の家族を尊重してあげることで、より男性からの信頼や愛情が深まります。

●(4)ワガママを許す

『好きな人にはついつい甘やかしゃう。おねだりに弱いんですよね』(29歳/営業)

それほど愛していない女性からワガママばかり言われると、男性の気持ちが急速に冷え込んですぐに別れ話まで発展することも少なくありません。
そのため、ワガママばかり言ってくる彼女の事を受け入れてずっと一緒にいるのは、相手のことを本当に愛してるという証拠。

もしあなたが落ち込んで愚痴ばかり言ったり、八つ当たりのようにワガママを言った時でも、男性が機嫌を損ねたりせずに優しく受け容れて くれたら、あなたのことを本当に愛してるサインだといえます。

●(5)相談に乗ってくれる

『恋人が悩んでるのであれば、いくらでも力になりたい』(27歳/薬剤師)

付き合う前には親切に相談に乗ってくれた男性も、交際が始まると釣った魚には餌をやらないとばかりに彼女からの悩みの相談を露骨に嫌がる場合が少なくありません。
そのため、いつでも女性の悩みを親身になって聞いてあげる のは、相手の女性のことを本当に愛してるというサインなんです。

そのため、女性の悩み事にたいして理屈っぽい解決方法を提案する男性は女性に嫌がられますが、愛してるからこそ女性の抱えている問題を解決しようと真剣になって考えているんです。

----------

●男性の愛情表現は言葉じゃない

以上、男性が本当に愛してる女性にだけ見せる5つの行動や態度をご紹介しました。

欧米の男性のように簡単には愛してると言ってくれない日本の男性も、よく観察すると行動や態度の中で分かりやすく「愛してる」サインをたくさん出しています。

もし本当に愛されてるのか分からなくて不安に感じてる方は、ぜひ参考にして下さいね。

(文/恋愛jp編集部)