中澤の好守に渡る活躍で広島を下した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ7節]広島0-1横浜/4月16日/Eスタ
 
 J1リーグ7節の広島対横浜が4月16日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、横浜が1-0で勝利した。
 
 決勝点が生まれたのは開始4分。左サイドで得たFKで天野純がクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ中澤が右足を一杯に伸ばしてボレーシュートをねじ込んだ。
 
 横浜はその後、守備のバランスを保ちつつ、齋藤学、マルティノスの仕掛けや天野の飛び出しでチャンスをうかがう。終盤には高い位置でのボール奪取から、度々決定機を迎えた。
 
 対する広島は、怪我から復帰した柏好文が67分から途中出場し、開幕戦以来となるリーグ戦のピッチへ。果敢なドリブル突破で、左サイド攻撃を活性化した。しかし、クロスに合わせた森島司のヘッドが枠を外れるなど、決定機をモノにできずに終了の笛を聞いた。
 
 決勝点を挙げた中澤は今季初ゴール。横浜は2連勝で勝点13に伸ばし、暫定3位に浮上した。
 
 一方、ホームの広島は今季リーグ戦5敗目を喫し、新潟に抜かれて17位にダウン。J1制覇を3度経験した強豪が、降格圏から抜け出せずに苦しんでいる。