勝負の日はツインテール!? 美女じゃなくてもOKな“オタサーの姫”の6つの特徴

写真拡大

こんにちは。みずゆきりんです。
みなさん、オタサーの姫ってご存知ですか?

●オタサーの姫とは

**********

男性の割合が多い文化系サークル(オタクが集まるようなサークル)に存在する数少ない女性メンバー。
男女比が偏っているおまけに男性メンバーは女性への免疫がないため、美女でなくともモテない男性メンバーから「お姫様扱い」されるためそう呼ばれる。
オタサーの姫とは - はてなキーワード

**********

そう。
美女でなくても「お姫様扱い」される、そんな存在。
男女比が5:5に近い職場などではあまりお目にかからないかもしれませんが、技術職など、男性が多い職場には、もしかしたら“姫”がいるのでは…?

●オタサーの姫あるある

●その1:フリル・リボンの多い服

フリルの多い、ふわふわかわいい系ブランドの服を着ていることが多い。
高級なロリータ服などはあまり着ず、あくまでカジュアルロリータな雰囲気の服装を好む。
また、3000〜5000円の合皮のかばん(バラ柄やピアノ柄など)を愛用。

●その2:黒髪ストレート

基本的にオタサーの姫は「オタクうけ」を狙っているので、黒髪ストレート。
前髪はパッツン。
ツーサイドアップか、ツインテールをしている。

●その3:ニーソックス

基本は黒ニーソ。
ニーソっぽく見えるネコ柄のストッキングなどもある。

●その4:「ふみゅ」「にゃん♡」

にゃーにゃー喋りが基本。
「そんなことないにゃん!」「そうかにゃ?」など。
悲しいことがあると、うつむきかげんで「ふみゅ……」と言う。

「ふみゅ」は甘えるときにも使用され、「ふにゅ」という派生バージョンもある。
また、怒るときにはアニメのように頬を膨らませることも。

●その5:顔はよくても中の上

小太りで胸が大きい。
もしくは貧乳のガリガリ。
顔は普通。どちらかというと地味顔。

化粧っ気はあまりなく、ほとんど化粧をしないことをナチュラルメイクだと思っている。
眉毛の手入れはしない。

稀に、ハイレベルなオタサーの姫(メイド喫茶やコンセプトカフェなどでアルバイトしている)になると、逆に化粧が濃い場合もあり、その場合は、地味顔を隠すためにカラコン・つけま必須。
アイラインは実際の目の幅の1.5倍の長さひく。

●その6:Twitterで承認欲求を満たすツイ廃

フォロワーの95%が男性。
ツイート数はかなり多い、いわゆるツイ廃。

毎日フォロワーとリプライで会話をし、個人的にやり取りできるDMなどで、思わせぶりな台詞を吐く。
自撮り画像(詐欺写メ)や谷間の画像(寄せあげ)をよくアップし、不特定多数の男性にチヤホヤされたがる。

フォロワーの数がステータス。
定期的にオフ会に参加。
もちろん、参加者の中で女性は自分ひとりだけ。

----------

「いかにも男ウケを狙っている」という雰囲気が出ていますが、それでも「囲い」が出来るほどの人気がある「オタサーの姫」。
「男の人の取り巻きが出来るなんて、美人じゃないと…」と思いがちですが、そんなことはありません。
中の上レベル、いや、中の中、中の下レベルでも、十分「姫」になれるのです。
そんなオタサーの姫は、まさに冴えない女性の希望の星(?) 。

「モテない…」と嘆いているアナタ。
一度、オタサーの姫を目指してみては…?

※但し、一般男性からのウケはあまりよくありません。

●ライター/みずゆきりん(Twitter王国の住人)