相手が誰でも…自分のプレーを貫いた西山が勝利(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇16日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>
熊本地震の影響により2年ぶりに行われた「KKT杯バンテリンレディス」。1年越しのカップを手にしたのは、上田桃子とのプレーオフを制した西山ゆかりだった。
激闘をライブフォトの200枚以上の写真でプレーバック!
地元熊本出身の上田が活躍を見せる展開に県民は大いに沸いていた。そんな状況下ということもあり、震災から1年という今大会は上田が勝った方が良いのではないか。西山もそんな考えがよぎらなかったわけではなかった。「初日の18番で上田さんがトップに立ったことを知った後、3パットしてしまった。順位を見たから外したわけじゃないけど、集中しきれていなかったと思う」。
「私は元々そういったことを意識する性格」と西山。だが、その時はすぐに思考を切り替えた。「そんなんじゃこの先ダメだ、と。1打に集中できていない証拠。優勝を目指し過ぎることもそう。意識して自分のプレーができなくなってはいけない。ゴルフをしているときは他を気にせず目の前にベストを尽くすこと。私の第一段階はそこだと思った」。2日目からは相手が誰であろうと、スコアがどうであろうと自分のゴルフだけを考えた。
最終日に集まったギャラリーの大多数は上田の一挙手一投足に歓声を上げる。そんな状況ももう気にしなくなっていた。「キャディさんと“アウェイですね”って話して笑ったり。中には応援してくれる人がいるのも分かっていましたから」と意に介さず。課題としたスイングのリズムだけに集中して栄冠をつかんだ。
だが、優勝会見では「精神的にはまだまだ。勝ち続けることでもっと変われると思う」と目指す高みはまだまだ先と話す。それでも自分の甘さを打ち破って挙げたこの日の勝利は、きっと西山を強くする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

地元V逃した上田桃子、沈黙の後に「熊本県民として情けない…」
イ・ボミ、日本復帰戦は6位 ショット復調に手応え「もう少し練習すれば勝負できる」
最終日ベストスコアの成田美寿々 チャージの秘訣は“リズム”
人気プロのドレス姿など秘蔵フォト満載!「写真館」
一昨年の覇者・菊地絵理香が腰痛のため棄権