警告=磐田:川辺(43分)、小川航(90分)
退場=なし
【MAN OF THE MATCH】ムサエフ(磐田)

写真拡大 (全4枚)

[J1 7節] ジュビロ磐田 2-1 サガン鳥栖 2017年/4月16日/ヤマハ 

【チーム採点・寸評】
磐田 7
今季初めて3バック(3-4-2-1)を試合開始時から採用。終盤に試合が動き、88分にCKから失点しながらも、1分後に中村俊のクロスにアダイウトンがボレーで押し込み同点。さらにアディショナルタイム、ムサエフのスーパーミドルが突き刺さり、大逆転勝利を収めた。

【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 6
クロスに複数人がゴール前へ飛び込む鳥栖のアタックに苦しみ、豊田に先制点を許したものの、その粘りの守備が逆転劇をもたらした。
 
DF
41 高橋祥平 6.5
7分の相手FKからの谷口のシュートを間一髪クリア。2試合連続のリーグ戦先発、しかもホームデビューとあって安定感も増した。気迫十分のダイビングヘッドで魅せた。
 
3 大井健太郎 6.5
扇の要となって、DF陣をリードしながらインターセプトを見せる。大型協力2トップとの空中戦に互角以上に渡り合った。 

35 森下 俊 6(84分OUT)
比較的、ひとり余る状況が多く、オーバーラップからチャンスメイク。川又に惜しいクロスを放つなど、攻撃の起点にもなった。
 
MF
5 櫻内 渚 6
素早いプレッシングとリトリートを繰り返す。味方のオフサイドを取られたが、前節の横浜戦に続き中村俊のFKに合わせる。後半には強烈弾丸ミドルが枠を捉えた。10番との相性は良いようだ。

13 宮崎智彦 6
小野、藤田、さらにサイドに流れた2トップに対応する難しい守備の役割をこなしながら、2シャドーを生かして何度か組み立てに加わり、クロスまで持ち込む。
 
8 ムサエフ 8
自陣から敵陣のバイタルエリアを行き来し、ギャップを埋めて突いた。何度もチャンスを作って危険な香りを放つなか、アディショナルタイムに逆転のミドルを叩き込んだ。ホーム2試合連続ゴールで、早くも磐田の男として認められた。

40 川辺 駿 6.5
何度か前線に持ち運んでチャンスを作った。終盤のスペースが増えた時間帯に、その小気味の良いドリブルがより活きた。
 
10 中村俊輔 6.5
 4-2-3-1での右MF起用時よりも、中央前目で仕事ができて、より攻撃面で存在感を示せた。35〜40メートルほどのFKを数多く蹴りチャンスメイク。終盤の猛攻では起点として好パスを披露。ヤマハ初勝利をその左足でもたらした。

11 松浦拓弥 5.5(78分OUT)
中村俊、高橋と2本のスルーパスに反応し切れず。周囲に気を遣い過ぎたのか、相手の嫌がるようなポジションでプレーできなかった。

FW
20 川又堅碁 5.5(79分OUT)
サイド攻撃の際は、ターゲットマンとして機能。ただ全体的に常に裏を突こうと動くあまり、味方との距離が離れた。相手の対応ミスで掴んだ69分の決定的なシュートは枠外に。1本は決めたかったし、最低でも絡みたかった。

交代出場
MF
14 松本昌也 6.5(67分IN)
アグレッシブに仕掛けたその姿勢が逆転勝利をもたらした。
 
FW
18 小川航貴 -(79分IN)
動き出しのタイミングが悪く、中村俊が出そうとするタイミングで合わず。自身の間合いも大切だが、もう少し周囲に合わせたい。

MF
15 アダイウトン 7(55分IN)
 確実にボールを収めてカットインのドリブルに持ち込めば、必ずと言っていいほどチャンスを作り同点弾を叩き込んだ。

 
監督
名波 浩 6.5
84分のアダイウトン投入後に4バックへ変更。やや遅かった印象もあったが、劇的な逆転勝利をもたらした。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【磐田 2-1 鳥栖 PHOTO】アディショナルタイムのムサエフのゴールで、磐田が劇的な逆転勝ち!
【チーム採点・寸評】
鳥栖 5.5
思うようにシュートまで持ち込めず、一進一退の攻防が続いた。しかし、選手交代から次第に変化をつけて、88分に先制点を奪う。そこまでは理想的と言える展開だったが……。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 5
中村俊の精度の高いクロスと両サイドからのクロスに、しっかりゴール前を固めて対応。終盤、相手の猛プッシュに動揺してしまったようだった。
 
DF
8 藤田優人 5.5
隙を突いて効果的にオーバーラップを繰り出し、右サイドからチャンスを作り出したが、結果的には最後に持ち堪えられなかった。

5 キム・ミンヒョク 5.5
川又にほぼマンマークで食いつき、身体を張った守備で起点を作らせなかった。頭を越されるミスで川又に決定機を作られたが、事無きを得たが……。

29 谷口博之 5.5
序盤に鎌田のFKに合わせて惜しいシュートを放つ。守ってはキム・ヒンミョクとゴール前に堅牢な壁を築いた。それでも最後は磐田の猛攻にラインを下げすぎてしまった。
 
 23 吉田 豊 6
対峙する櫻内に付きながら、サイドに流れる中村や川辺らの進入を許さず。両チームともに疲れの出た試合終盤の猛プッシュは見事。CKにもつなげた。ただその積極的な姿勢は諸刃の刃とも言え、2失点に絡んでしまった。
 
MF
40 小野裕二 5.5(87分OUT)
鎌田とのコンビネーションで惜しいチャンスを作る。ただ、危険なエリアでのプレーは限られた。

14 郄橋義希 5.5(HTOUT)
危険なエリアを埋めながら、球際への厳しいチェックを見せる。ただ上手くボールが収まらずミスもあり(怪我か?)、前半で交代に。

6 福田晃斗 6.5
3試合ぶりの先発で、溌剌としたプレーが印象的。34分に積極的にゴール前へ飛び出しチャンスを作った。
 
7 鎌田大地 5.5
確実にボールを収めて起点となり、スルーパスを放ったり、背後のスペースでパスを受けたり、惜しいチャンスを作り出す。ただ、アディショナルタイムのシュートが大きく枠外に外れるなど、あと少しの紙一重が、90分、なかなか噛み合わなかった。
 
FW
32 ビクトル・イバルボ 5(62分 OUT)
ボールをよく収めたが、前を向いて仕事をする機会が限られた。
 
11 豊田陽平 6.5
イバルボを前に残して、引いてパスをさばいたり、ポストプレーをこなしたりすることが多く、相手が最も嫌がるゴール前での存在感を示せなかった。田川投入後に徐々に存在感を示し、CKから一撃を叩き込んだ。

交代出場
MF
4 原川 力 5(HT IN)
相手のミスやプレー精度の低さに助けられたものの、ボールや相手に食いついてできたスペースを使われていた。最後もセカンドボールには対処したかった。
 
FW
27 田川亨介 6(62分IN)
交代出場後、スピードを生かして、それまで動きの物足りなかった前線を活性化させた。 ムサエフとの球際の争いで相手を倒し、イエローカードを受ける。

W
9 チョ・ドンゴン -(87分IN)
投入直後に、豊田のゴールが決まる。このまま逃げ切るはずだったが……。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 6
思うようにシュートまで持ち込めずにいたが、後半に選手を代えながら試合を動かした。勝利まで、あと数分だったが……。決勝点について、オフサイドを主張したものの、受け入れられなかった。

 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。