発売記念イベントに登場したMAG!C☆PRINCE

 東海発男性アイドルグループのMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス、通称=マジプリ)が16日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で、シングル「UPDATE」の発売を記念したフリーライブをおこなった。ライブ中は、事務所の先輩であるサンシャイン池崎のネタも披露、ファン1500人と「ジャスティス」と叫んだ。また、ライブ終了後には報道陣の囲み取材に応じ、プライベートでギターを始めたという永田薫は「人前で披露できるように頑張りたい」とライブでのギター演奏に意欲を示した。

東京で新曲を初披露

 MAG!C☆PRINCEは、東海地方を中心に活動する男性アイドルグループで、平野泰新(22)、大城光(21)、永田薫(20)、西岡健吾(19)、阿部周平(19)で構成される。

 シングル「UPDATE」の表題曲はEDMサウンドで、大切な人との別れをテーマに歌った曲。振付はRADIO FISHのメンバーで、ダンサーのFISHBOYが担当した。また、カップリングの「RUSH」は夢を追い続ける姿を描いた曲となっている。

 この日のフリーライブには、関東のチアーズ(マジプリファンの愛称)約1500人が集まった。昨年5月にリリースされ、オリコンチャート最高2位を記録した「Spin the Sky」を皮切りに、「RUSH」「UPDATE」を東京で初披露。今年1月にリリースされた1stアルバムからは「キミレボ」を、そして、タオル回しで盛り上がった「Glory World」と全5曲を披露。「キミレボ」ではバックの噴水から水が噴出され、メンバーも驚いた表情を見せた。

 自己紹介では、新体操、高校総体優勝の実績を持つ、平野による跳躍力を活かしたアクロバットパフォーマンスや、大城によるラップ、そして、サンシャイン繋がりで、阿部による事務所の先輩にあたるお笑い芸人、サンシャイン池崎のモノマネを披露。“空前絶後の…”と、テンションの高いパフォーマンスで会場を楽しませると、会場に集まった全員で「ジャスティス」を叫び、大いに盛り上がった。

東京での初ワンマンへ意気込み

発売記念イベントに登場したMAG!C☆PRINCE

 イベント終了後には囲み取材に応じた。この日の手ごたえを、阿部は「僕らは東海地方出身なので、東京でこんなにたくさんの人が来てくれるとは予想していなかった」と驚きの表情。

 西岡は「今日は東京だけではなく、地方の方も来ていただいてバランスの良い顔ぶれだったと思います。それもあってすごく安心もしました」と、地元である東海地方のファンも駆けつけてくれたことに安心したと胸中を話した。

 平野は「この場所で出来たことは、すごく良い経験になりました」と、アイドルの聖地・サンシャインシティ噴水広場でのライブに、手応えをつかんだようだった。

 さらに大城は、「こんな噴水がある場所でやったことない。一つのライブ会場として成立してしまうんじゃないかと思ったぐらいです」と会場の噴水の演出にも驚いたことを興奮気味に語った。

 今後の目標について平野は「7月におこなうZepp Tokyoでのライブです。東京でのワンマンライブは初めてなので、素敵なものにしたいです。絶対に成功させたいです」と7月8日に開催予定の初東京ワンマンライブへの意気込みを述べた。

 初の東京ワンマンに向けて平野は「パフォーマンスのための体力トレーニングとリーダーとしてのMCの力、みんなの良さを引き出せる力を、研究しています」というリーダらしい全体を見据えた発言。

 永田は「Zepp Tokyoでは初めての方も多く来ていただけると思うので、そういう方達を、どうやって僕たちで掴んで行けるのかというところを、意識しながらやっていきたいです」と、ライブに向けての意識を語った。

 西岡は「歌もダンスも全てをスキルアップしていきたい」と述べ、阿部は「それに加えてトーク力とかバラエティ力も詰めていきたい」と話し、大城は「歌もダンスも個人でもやっているラップのクオリティを、ある程度出来るという場所からもっとスキルアップしていきたい。応援してくださる人へ感謝を届けるということ意識しながら、毎回ライブに臨んでます」と力強く述べた。

 先輩であるサンシャイン池崎の「ジャスティス」について聞かれると、大城は「見かける機会も多いので、単純にやりたくなっちゃうんです(笑)。人前ではあまりやらないけど、メンバー内では良くみんなで真似をしている」と明かし、Twitterでサンシャイン池崎からの応援メッセージをもらったとも。サンシャイン繋がりの今日だけの特別なモノマネだと話すが、阿部のテンションによっては、他の場所でも披露される可能性もあると話した。

 今年の意気込みについては大城は「グループとしては、Zeppを名古屋と東京だけではなく、大阪や福岡、4大都市でもやりたいです。より多くの人に見ていただけるような存在になっていきたい。個人的にはラップを磨いていきたい」と目標を掲げた。

 永田は「最近プライベートでギターを始めて、それを仕事につなげていけたらなと思っています。ちょっとずつ練習して人前で披露できるように頑張りたいです」とギターでライブで披露したいと話し、平野は今年放送されたTBS系番組、『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子元日頂上決定戦!』で跳び箱競技、モンスターボックス23段をクリア。世界記録保持者として、さらなる新記録24段である3m16cmに、挑戦したいと今年の目標を掲げた。(取材・撮影=村上順一)