ユン・ジンソ、済州島ライフを盛り込んだグラビアを公開…“太陽のように眩しい美しさ”

写真拡大 (全2枚)

女優ユン・ジンソが済州島(チェジュド) でのアクティブなリアルライフを盛り込んだグラビアを公開した。

ユン・ジンソはファッション雑誌「COSMOPOLITAN」4月号のグラビア&インタビューで済州島の自然の中で健康的な人生を生きる姿を届けた。

今回の撮影でユン・ジンソは済州島の美しい海辺、暖かい日差しの下で自身のサーフィンボードを用いてサーフィンを楽しんだ。また、波のない時間にはヨガと瞑想、散歩を楽しむユン・ジンソの実際の日常も思う存分公開した。

続いたインタビューでユン・ジンソは「サーフィンを始めてから、ポジティブになった」とし「どんなに悩みが多くて辛くても、波が来ると全部忘れる。お金も名誉もあまり欲しくない。ただこうやってサーフィンできるのが幸せなので」と伝え、済州島での人生とサーフィンに対する限りない愛情と満足感をアピールした。

ユン・ジンソは3月1日に韓国で公開されたラブストーリー映画「コーヒーメイト」で退屈な日常を過ごしている女性イニョン役を務め、家具デザイナーのヒス(オ・ジホ) と出会って感情の嵐に巻き込まれる過程を繊細な演技で表現した。