沙保里選手に「早く結婚してほしい」と母・幸代さん

写真拡大

 悲願の五輪4連覇をかけたリオ五輪女子レスリング53kg級決勝戦。惜しくも敗れた吉田沙保里選手(34才)。その母・幸代さん(61才)がこの度、負けても心が折れないたくましい子どもを育てる子育て論満載の『負けても克つ子の育て方 泣かないで沙保里』(小学館)を出版した。

 沙保里選手は中学1年から毎年、国際大会の年代別で優勝を続けた。中学3年の時には全国大会の1か月前に練習試合で手首を脱臼骨折。それを押して試合に出場し、片手で戦いきって優勝した。

 それでも、まだ沙保里選手は“無敵”ではなかった。同じ階級には2つ年上で、世界選手権で4度優勝した山本聖子選手がいて、大学1年だった2001年8月には全日本学生選手権の決勝でフォール負け。さらに同年12月には準決勝で逆転負けを喫した。

「守りに入ったがための逆転負けでした。守って負けたことの悔しさに、3位決定戦が始まるまでの1時間、沙保里はひたすら泣き続けたそうです」

 翌2002年4月、山本選手にリベンジを果たした沙保里選手はその後、連戦連勝。アテネ五輪では見事に金メダルを獲得した。

 その連勝記録が「119」でストップしたのは、北京五輪直前の2008年1月に中国で行われたワールドカップ国別対抗の団体戦でのことだった。

「日本代表の栄監督から“沙保里が泣き続けているから、なんとかしてほしい”と電話がありました。私が“119人の選手があなたに負けて泣いてきたのよ。1回負けたぐらいでクヨクヨしてどうするの。北京五輪で勝てばいいでしょ”と言うと、沙保里は“うん、そうだね。わかった、頑張る”と言っていました」

 この時期、沙保里選手は敗戦を大きく報じたスポーツ紙を額に入れ、部屋の目立つところに飾っていたという。

 8月の北京五輪では復活して、金メダルを獲得。沙保里選手が幸代さんに「あの時の負けは神様が私に与えた試練やったね」と言うと、幸代さんはこう答えた。

「沙保里、あれは神様からのプレゼントでしょ」

 負けを経験するたびに、沙保里選手はよりいっそう強くなっていったのだ。その彼女が“強さ”を見せたのは2014年3月、父・栄勝さんが運転中の車内で意識を失い、くも膜下出血で亡くなったときのことだ。急きょ実家に帰った沙保里選手は、4日後に控える国別対抗のワールドカップに出場するか、実家に残って葬儀に参加するかの選択に迫られていた。

「大会に出ると、告別式には参加できても斎場には行けないので沙保里はぎりぎりまで逡巡していました。でも、息子たちが『お父さんはきっと会場で“何しとんじゃ、あいつは”と待っている。だから行ってこい』と送り出しました。沙保里が会場につくと、外国の選手が次々と寄ってきてお悔やみを言い、ハグをしてくれたそうです。

 夫は、沙保里が幼い頃から“頑張ってレスリングをすれば、いろんな人たちとつながりができる。強くなって世界に出れば、外国の人とも絆ができるんだ。だから強くなれ”と話していました。

 子供の頃の沙保里はそんな話をされても、ピンとこなかったかもしれませんが、父親が亡くなった時、それがどれほど素敵なことであるかを実感したと思います」

 幸代さんも、夫に代わって試合を見届けようと会場に向かった。栄勝さんが亡くなってから睡眠もほとんどとれず、練習もままならなかった沙保里選手だったが、予選から決勝まで圧勝だった。

 日本チームは8階級のすべてで勝利し、2年ぶり7度目の優勝を飾った。沙保里選手は試合後、こう語ったという。

「お父さんが上にいて、私を動かしてくれるようだった」

 沙保里選手は、2020年の東京五輪への意欲も見せているが、幸代さんが34才の娘に抱くのは別の願いだという。

「早く結婚してほしいんですよね。本人はイケメンが好きですから、私は“イケメンではご飯は食べられないよ”って言うんですけど(笑い)。“お父さんみたいな人は絶対嫌や”と言いますが、私は主人みたいな人と結婚するんじゃないかなって」

※女性セブン2017年4月27日号