清純派・波瑠は“ズルい女”になれるのか【あなたのことはそれほど 他】

写真拡大

【スナイパー小林の2017年春ドラマはこれを観ます!Vol.3】

 いよいよ春ドラマが開幕。数ある作品から事前情報をもとに、気になった6作品をピックアップしてみました。

●貴族探偵
4月17日(月)21時スタート/フジテレビ系
出演:相葉雅紀、武井咲、生瀬勝久、中山美穂、井川遥、仲間由紀恵

 探偵でありながら一切、推理をしない貴族探偵(相葉雅紀)。上流階級出身ということ以外、本名、職業、年齢などパーソナルな情報を明かさない彼が、運転手やメイドたちを使って事件を解決へと導いていく。

◆豪華キャスティングが吉凶どちらに出るか?

 祝・月9放送30周年のスタートを切る本作品。出演者のラインナップを見ると、「大河かよ!」と見間違うほど主役級の俳優陣が揃っているのが話題だ。

 中でも注目なのは、中山美穂ことミポリンの月9復活。最近では“辻仁成の元嫁”“やたらパリに詳しい”“離婚早々、クリエティブな彼氏がいた”とプライベートばかりが話題に上がっていたけれど、ミポリンは90年代を代表するトップアイドルだった(彼女のデビュー曲『C』はいまでも私のカラオケの十八番)。彼女の月9代表作といえば「君の瞳に恋してる!(1989年)」だろうか。女同士で都内の高級賃貸物件にルームシェアしていたシーンが印象的だった。

 演技では思い切り大胆なのに、プライベートになると控えめでトークも苦手そうなミポリン。ちょっと薄幸さを漂わす彼女が、どんな風にメイド役を演じるのか? WAKU WAKUさせてほしいものである。

 肝心のストーリーに関しては、「上流階級」「探偵」というキーワードだけ聞くと「IQ246〜華麗なる事件簿〜(TBS・2016年)」と重なる。あの作品では主演の織田裕二が驚くほど濃いキャラで挑んできた。事件解決云々よりも、独特な話し方や身振りに目が行ってしまったことを思い出す。当時、人気絶頂だったディーン・フジオカの出演もかすみ、胸焼けするほどの濃さを醸し出していたので……ね。

 そして今回の主役は嵐の相葉雅紀。彼で月9といえば「ようこそ、我が家へ(2016年)」のちょっと頼りないお兄ちゃん役がズッポリとハマっていた。本人の人の良さがにじみ出ていたんだろうな。彼のビジュアルから考えても、ストーリー潰しにならないほどの“やや貴族”ぶりで、他共演者を引き立てる演技を期待したい。

●あなたのことはそれほど
4月18日(火)スタート/TBS系列
出演:波瑠、東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之

 渡辺美都(波瑠)は涼太(東出昌大)という夫がありながらも、学生時代に思いを寄せていた有島光軌(鈴木伸之)と再会して恋心が再燃してしまう。ただ有島にも妻の麗華(仲里依紗)がいて……。

◆清純派が演じる“ずるい女”

「逃げるは恥だが役に立つ(2016年)」「カルテット(2017年)」と人気作品が続く火曜22時枠に今クール登場したのは、不倫がテーマのドラマ。

 原作のマンガでの主人公・美都は、ひと言で言うとめちゃくちゃズルい女だ。打ち込む仕事もなく、とりあえず“二番目に好きな人”と人生の妥協点を見出したような結婚。そして自らの浮気をきっかけに家庭生活が崩壊……。ストーリー上、旦那が精神を病んでいくのは、そもそも美都のせいなのでは? とも感じた。

 ただ、既婚者の友人は同じ作品を読んで「刺さるわ〜、共感するわ〜」とうっとりしていた。これは独身者ゆえの見解の狭さなんだろうかと思って読んでいたところに助っ人が登場する。美都の友人で独身の、正論でアドバイスをする飯田香子(ドラマでは大政絢が演じる)だ。不倫を続ける有島と話す香子は、独身のお前にはわからない、という彼の態度に怒りこう怒鳴るのだ。