渡邉、大切な試合にいいリズムで臨めそうだ(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇16日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>
2日目に6バーディを奪い予選落ちの危機からカムバックした渡邉彩香。最終日も5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“71”とスコアを伸ばし17位に浮上して3日間を終えた。
豪快なショットが魅力!渡邉彩香の特選フォトギャラリー
「OBを打ってしまった10番以外は良かった」と振り返る今日のラウンド。18番パー5では165ヤードの2打目を左に外したものの、しっかりと寄せてバーディ。最後の最後でアンダーパーに潜りこんだ。
来週の「フジサンケイレディス」、その翌週の「サイバーエージェントレディス」は地元・静岡での戦い。そしてその次には昨年2位となった国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が控える。
「私にとって大事な3試合。川奈でしっかりとイメージを作っていきたい」と渡邉。今日のバーディフィニッシュの流れを地元決戦へとつなげたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>