「大切じゃない人は、大切にしなくたっていい」(アルバム『クズの教典』収録)MVはこちら

ReVision of Senceが4月15日、iTunes限定アルバム「負け犬の軌跡」をゲリラリリースし、iTunesアルバム総合ランキングで1位を獲得した。

iTunes限定アルバム『負け犬の軌跡』は10曲入り300円で、“負け犬バンド”を自称するReVision of Senceの過去の楽曲を詰め合わせたベスト盤的な作品。

前日の4月14日は、新作である会場&ヴィレッジヴァンガード限定3rdミニアルバム『クズの教典』発売日であり、2作品を連続リリースしたことになる。

ReVision of Sence ボーカル・河井教馬 コメント

4月14日から会場&ヴィレッジヴァンガード限定のミニアルバム『クズの教典』をリリースしました。

それに続けて、iTunes限定アルバム『負け犬の軌跡』を2日連続でリリースさせていただきます。

たかがインディーズバンドが、せっせとCDをライブをしながら売り歩いたとしても数はたかが知れています。こんな時代だからこそ、まずは知ってもらうことに僕らはすべての時間と労力と人生を賭けたいと思います。

iTunes限定アルバム『負け犬の軌跡』は、僕らの過去の楽曲が10曲入って300円。あり得ない価格ですが、そこも精一杯努力しました。極限まで買いやすく、これまでと違った手法でリリースすることで、まだReVision of Senceを知らない人に知ってもらえると信じています。

今回のデジタルリリースを通して僕らの過去の軌跡を知って、ライブハウスに遊びに来ていただければうれしいです。

「お前らみたいなの売れねえーよ」と言われ、バンドの先輩方やライブハウスのブッキングの方々に否定され続けてきた僕らの“軌跡”がわかるような10曲を選びました。誰もいないライブハウスの床に向かって歌って来た曲ばかりです。また違った楽しみ方ができると思います。

そして、会場&ヴィレッジヴァンガード限定CD『クズの教典』は、ReVision of Senceとして初の紙ジャケット仕様のCDにしました。YouTubeやダウンロードで簡単に音楽が聴ける時代だからこそ、「手に取ったときの特別感」を意識した作品です。僕たちが単純に部屋に飾りたくなるようなデザインにしました。そちらもお楽しみください。今回のiTunesの配信や、いろんな場所で僕らを知っていただいた皆様に届くとうれしいです。



リリース情報



2017.04.14 ON SALE

ALBUM『クズの教典』

※会場&ヴィレッジヴァンガード限定CD

2017.04.15 ON SALE

DIGITAL ALBUM『負け犬の軌跡』

※iTunes限定アルバム

ReVision of Sence OFFICIAL WEBSITE

http://revisionofsence.com/