攻撃陣不発の富山、スコアレスドローで2試合白星なし…琉球は2戦連続の無失点

写真拡大

 2017明治安田生命J3リーグ第5節が16日に行われ、カターレ富山とFC琉球が対戦した。

 最初に決定機を迎えたのは富山。35分、ペナルティエリア内中央の衛藤裕が左足で狙うと、シュートは枠の右を捉える。しかし、GKが弾いたボールは惜しくも右ポストを叩いた。

 後半も富山が押し気味に試合を進めたが、FC琉球の堅い守備の前にゴールを奪うことができない。結局試合はこのままタイムアップを迎え、スコアレスドローに終わった。富山はこれで2試合勝利なし、FC琉球は2試合連続で無失点に抑えたものの、今季初の連勝とはならなかった。

 次節、富山は29日にアウェイで藤枝MYFCと、FC琉球は30日にホームでブラウブリッツ秋田と対戦する。

【スコア】
カターレ富山 0−0 FC琉球