「見せかけ男」にご用心!一見ハイスペックでも中身空っぽなダメ男5パターン【恋占ニュース】

写真拡大

ひと昔前の“3K”じゃないけど、見た目がイケててスペックも高そうな男性がいたら、ぜひお近づきになりたいと思う女性は多いはず。

でも距離を縮めてみて、あらビックリ!パッと見は素敵なのに中身はすっからかんで、噛めば噛むほど味がしなくなるガムのような男だった…なんてこともあるのでは?

今回はそんな“見せかけ男”をジャンル別に5つに分けてみました。奴らの見抜き方も簡単にご紹介しますね。

【1】IDT系男子


DAI語ふうに言ってみました。“意識高い系”の進化版(?)、“意識だけ高い系”男子です。
一見、コミュ力が高くてデキる男感満載だけど、実際に行動したことはないし、やろうと思ってもできない口先男。批評家に多そうなアレですね。

>>見抜き方


ビジネス書に書かれているような小難しい言葉をたくさん知っていて、会話に横文字をちりばめ、周囲を煙に巻いていたらこのタイプの可能性大!

【2】汚シャレ男子


ファッションや髪形にこだわりがあり、すごくオシャレなのに自宅は汚部屋…というギャップの持ち主です。
部屋は足の踏み場がなく、キッチンは汚れた食器でいっぱい。飲みかけのカップにカビが生えていても平気!にも関わらず、女子の服にもやたら詳しくてあれこれ口出ししてきたり。

>>見抜き方


カバンの中や靴が汚かったら、恐らくこのタイプ!高価なものを持ちたがるのに小物が汚い場合もそのケがあります。

【3】威キツネ男子


親が地位の高い人(会社社長、政治家、医師など)だったり、身近に有名人がいたりするのを、さも自分がすごいかのように語る男。そのくせ本人は何もできないし、するつもりもないという、まさに「虎の威を借る狐」状態の奴。

>>見抜き方


何度か話せば、その人自身はペラッペラということがわかるはず。でも親のコネで有名企業に入っていたりもするので、初対面だとダマされるかも。

【4】スネ夫系男子


お金持ちでそのことを自慢気に話すのに、ものすごくケチ。自分の趣味にはお金をかけるけど、間違っても女性においしいものをご馳走したいなんて気は起こしません。一人のときはカウンターのお寿司屋さんに行っても、デートでは回転寿司を選ぶイメージ。

>>見抜き方


飲み会でもデートでも、割り勘、もしくは10円単位以下での精算を求められたらこのタイプ。そこで食べたいからではなく「クーポンがあるから」という理由でお店をチョイスする人も同じ香りが…。

【5】栗カボチャ男子


見た目や振る舞いは男性的だけど、気持ちや行動がなよっとしていて、あなた女子なの?って感じの男子。
すぐにグチる、決断できない、些細なことで根に持つなど、要はめんどくさい男です。周りはカタいけど中は甘くてやわらかいってことでこのネーミングにしてみました。

>>見抜き方


明らかに自分に非があるのに謝らなかったら、このタイプかも。あと、人のちょっとしたミスを許せず、何週間もブチブチ言うような人もクサいですね。

◆仲良くなる前に見抜くには?


ここまで読んできて「あ〜アイツね」と、見知った顔が頭に浮かんだあなた!
一度ならず、ロクでもない“見せかけ男子”にダマされて痛い目に遭ってきたんじゃないでしょうか?

上記にそれぞれの見抜き方を書いてはみましたが、だいたいどれも、本人とかなり仲良くならなければ確かめるのは難しいですよね。
でも、“見せかけ”だけのダメ男だと気づいても、好きになってからだともう遅いし…。

こういうことは、できれば、実際にお近づきになる前に知っておきたいもの。
そこで活用したいのが探偵事務所…じゃなかった!占いです。

信頼度の高い占い師さんに聞きたいことをぶつけてみたら、まるで私立探偵に調べてもらったかのように知りたいことがわかるかも!

◆一押しの占いはこちら!


おすすめは、あのゲッターズ飯田さんが「唯一嫉妬する占い師」と語った、占術研究家の水晶玉子さん。
テレビでタレントの秘密を次々に言い当て、話題を呼んだ彼女が監修するモバイルサイト『オリエンタル占星術』を試せば、気になる男性がどんな人かが手に取るようにわかります。

彼とあなたの「宿命相性」や「あの人の本音」「出逢った意味」などのメニューで、あなたに本当にふさわしい相手かどうかをチェックしてみて!

占えるのは、例えばこんなこと。

・彼にとって私はただのトモダチ?
・彼の言葉を信用してもいい?
・あの人から見たあなたのイメージ

結果を見て、彼は“見せかけ男”じゃないと確信できたら、次はどんなふうに距離を縮めていけばいいかを占ってみましょう。

「当たるだけじゃない!使えば人生が変わる」と言われる水晶玉子さんの『オリエンタル占星術』で占えば、きっとあなたの運命の歯車が回り出すはず!

監修者紹介

FRaU、ananで不動の人気を誇るカリスマ占い師
水晶玉子(すいしょうたまこ)
幼いころから占いに興味をもって、東洋、西洋の枠を超え、数々の占術を研究。オリジナルな視点にたった解説は的中率も高く、またわかりやすいことから、多くのファンを持つ。



モバイルサイト


オリエンタル占星術