アップル、iPad(第4世代)の修理交換はAir 2にアップグレード対応へ。AppleCare有効ならお得だけど...?

写真拡大

もしあなたが修理の必要なiPad(第4世代)を持っているならば、アップルストアに持っていくだけでiPad Air 2に交換してもらえるかもしれません。アップル関連情報サイト9to5Macが、「3月30日以降は、端末交換が必要な第4世代iPadはiPad Air 2に交換せよ」との記載があるアップルストアへの指示書を入手したと報じています。

文書によるとすでに第4世代iPadは生産を終了、在庫もほとんど尽きてしまっており、「第4世代iPadの修理持ち込みがあった場合はiPad Air 2を引き渡して対応せよ」と記述されているとのこと。さらに、カラーバリエーションについてもユーザーに提示し、ゴールドも含めた好みの色を選んでもらうよう指示しています。

なお、修理に出す第4世代のiPadが16GBもしくは64GBの場合は、現在のiPad Air 2のストレージ容量が32/128GBとなっているため、容量倍増になるチャンスもあるかもしれません。

と、ここまですごーく良いお知らせのように書いておいて難ですが、AppleCareの期間を残している端末ならともかく、代金を負担しなければならない修理(第4世代iPad修理価格3万4400円)であれば、さっさと諦めて新しいiPad(2017年モデル、32GB 3万7800円〜)に買い換えるほうが良いかもしれません。よくよくご確認を。