「ザ・プリズン」ハン・ソッキュ“いつも演技については物足りないところがある”

写真拡大 (全2枚)

韓国を代表する名俳優ハン・ソッキュが、先日公開された「ザ・プリズン」(監督:ナ・ヒョン) に出演しスクリーンに復帰した。これまで26年間、約34本のドラマや映画に出演し、一度見たら忘れられないカリスマ性あふれる演技を披露してきた彼であるだけに、より一層期待が高まっている。

ハン・ソッキュは1990年代に「私たちの天国」「ソウルの月」「グリーンフィッシュ」「接続 ザ・コンタクト」「8月のクリスマス」「シュリ」などの作品を経て、2000年代に「恋の罠」「目には目、歯には歯」「2階の悪党」「ベルリンファイル」「尚衣院」などを通じて、鳥肌が立つほど立派な演技を披露し、韓国で多数のファンを確保している。

新作「ザ・プリズン」は、監獄に収容された暴力組織の第1人者チョン・イクホが、刑事の身分で刑務所に入所したソン・ユゴンに出会うことから繰り広げられるストーリーを描いた作品だ。俳優ハン・ソッキュがイクホ、キム・レウォンがユゴンを演じる。

ハン・ソッキュは悪役を演じたことはあるが、今回は血も涙もない究極の悪人だ。ハン・ソッキュは、最近行われたOSENのインタビューで「初めてシナリオをもらった時、難しい撮影になりそうだと思ったが、俳優として一度やってみようと思った」と出演を決めた理由を明かした。イクホを演じるため、自身の基本的な条件を変えることまでして役に入り込んだという。

これまで作品を通じて、限りなく純情な姿や、正義に満ちたまじめな姿を見せてきた彼が「ザ・プリズン」では狂気と欲望に満ちた男性らしい人物を演じ、イメージチェンジを果たした。ハン・ソッキュ本人は情にもろく、まっすぐな性格だが、究極の悪役である組織のボス、イクホの姿も不自然に見えることはなかった。

ハン・ソッキュは「以前演技は僕の限界を破る意味を持っていたが、今は僕が生きてきた背景を通じて作品を完成していくのだと思う。これまでは僕自身、演技することが格好悪かった。なんだかボーッとしてる感じだったというのかな?(笑) 最近は僕の演技がまあまあ見られる。目の中に話が込められているような気がする。それで満足しているわけではない。いつも演技については物足りないところがある」と自ら評価した。

「演技には完成というものがない。そして完成させる必要もないと思う。ただ地道にすることが重要だと思う。地道にすることが重要で、完成することが重要なわけではない。若い頃は何かを成し遂げる、全うすることだけに集中した。ところが今になって振り返ってみると、何でも着実にしていくことが重要だと思うようになった」