欅坂46が昨年夏に行ったサマステライブの模様が再びオンエア!/(C)テレビ朝日

写真拡大

4月5日にリリースされた4thシングル「不協和音」も大ヒット中、現代のアイドルシーンにおいて飛ぶ鳥を落とす勢いで頂点へと突き進む欅坂46。

【写真を見る】守屋茜(中央)は「『不協和音』は“視点”を変えると色んなものが見えてくる」とニヤリ/(C)テレビ朝日

4月23日(日)夜9時30分より、CSテレ朝チャンネル1では「4thシングル『不協和音』発売記念!欅坂46 サマステLIVE アンコール放送」と題し、彼女たちが去年の夏に行った「サマステライブ」を、バックヤードでの彼女たちの意気込みや終演後の感想などを織り交ぜて、楽曲ノーカットでアンコール放送する。

欅坂46は、4thシングル「不協和音」がオリコンウイークリーシングルCDランキングでデビューから4作連続で1位を獲得。デビュー1年以内で4作目のシングル1位獲得は、女性アーティスト史上初の快挙となる。

その意味合いも込め、メンバーにミュージックビデオ撮影秘話、“欅坂46史上最も激しいダンスパフォーマンス”に秘められた思い、全身全霊で、強い意志を持った歌詞を届けようとする意気込み、見どころなどを直撃した取材VTRも放送。

メンバーへの新撮オフィシャルインタビューは以下の通り。(抜粋)

――欅坂史上最も激しいパフォーマンスと聞いていますが?

小林由依:楽曲が終わった瞬間は、本当に立てないですね。

守屋茜:一曲のみだったらまだなんとか耐えられるんだけど。

米谷奈々未:連続でやるときついです(笑)。

守屋:確かに、連続で歌った後とかは、息が「ハァハァみたいな…」

小林:最後、「欅坂46」の三角形を作って終わるんですが、カットがかかるまで耐えてます!(笑)

守屋:そうですね! その間のみんなの呼吸がすごい聞こえる!「ハァハァ」って、みんな一緒だね。最後の歌詞の辺りは、本当に「気合い」です!

小林:踊ってる時は呼吸してないっていうか、息止めてますね。だから最後にすごい息が整わない…。

米谷:吸うタイミングがないんですよね(笑)。

小林:結構フリを合わせるんですけど、この「不協和音」という楽曲から振り付けのTAKAHIRO先生は、立ち位置とかはあまり細かく決めずに“不協和音感”を出そうかみたいな。それは「新しい」なって思いました。

守屋:あと、TAKAHIRO先生には、最後の「ウォー」と叫ぶところは、センターの平手(友梨奈)にパワーをあげるような感じでってご指導いただきました。

(今回、センター平手の真後ろのフォーメーションで…)平手の表情が毎回違うのにビックリしています。2番の最初の箇所なんですけど、その振り付けが「撃たれるように下がっていく」って言われていて、大体パターンは決まると思うんですが、テークごとにその表情に変化があって、「え!?」ってビックリして、久しぶりに平手の後ろで踊らせてもらって、たくさんの刺激をもらいました。

――「不協和音」のタイトルと歌詞、見どころについて。さすがに10代の皆さんの年齢では、「軍門に下るのか」とか初めて聞いたんじゃないかと思うんですがいかがですか?

守屋:ですよね!なので、調べました(笑)。

米谷:私も調べました。

小林:本当に難しかったです。

守屋:ただ、難しいですけど、その意味を理解して表現するってすごい楽しいなって思いました。

米谷:MVになるんですけど、全体で撮ってもらってるシーンが今回は多いと思うので、間奏もそうなんですけど、そちらにもぜひ、注目していただけたらうれしいです。

小林:やっぱり一人一人の表情とパフォーマンスで「不協和音」という世界観を作っていって、メンバーみんながすごい表情をしてるんですよ。だからそのような細かい箇所まで見ていだけるともっと「不協和音」の良さがもっと分かっていただけると思います。

守屋:「不協和音」は、本当に「視点」を変えると色んなものが見えてきて、すごい楽しめると思うので、色んな見方で見ていただけたらなうれしいなって思います。