原色のほか簡単な間色にも対応

写真拡大

米玩具メーカーの日本法人、マテル・インターナショナル(東京都千代田区)は、ベビートイブランド「フィッシャープライス」の知育玩具「カラースキャナー バイリンガル・de・カメレオン」を2017年4月22日に発売する。

遊びながら日本語・英語を学べる

カメレオンが持つ筆にスキャナーを内蔵し、付属の「絵具パレット」や身の回りの物をスキャンすると、カメレオンの体が同じ色に変化してライトアップすると同時に、変化した色の名前を日本語や英語で"おしゃべり"する。

1色だけでなく2色以上の違う色を混ぜてできた色を教えてくれる機能も備え、原色に加え簡単な間色も覚えられる。

絵具パレットに書かれた数字をスキャンすると、1〜10の数を日本語や英語で教えてくれる「数字モード」のほか、制限時間内にいくつスキャンできるかを試したり、カメレオンの色と同じ色をスキャン、色を数えるなどの「ゲームモード」を搭載。遊びながら色や数を"バイリンガル"で学べる。

価格は3500円(税別)。