「首のレスリング」をする独ベルリン動物園のキリン(2017年3月14日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ニューヨーク(New York)州ハーパーズビル(Harpursville)にある動物園アニマル・アドベンチャー・パーク(Animal Adventure Park)で15日、15歳の雌のキリン「エープリル(April)」が赤ちゃんを出産した。この様子はインターネットで生中継され、復活祭の連休もあって100万人以上がアクセスした。

 エープリルの妊娠期間は約15か月に及び、出産が待ち望まれていた。分娩(ぶんべん)は2時間近く続き、ジョーダン・パッチ(Jordan Patch)園長はフェイスブック(Facebook)に「みなさん見てますか?陣痛の兆候が出ています」と投稿した。

 ネット中継は動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」で行われた。現在も親子の様子を見ることができる(https://www.youtube.com/channel/UClnQCgFa9lCBL-KXZMOoO9Q/live)。

 中継をめぐっては「性的にきわどい」とする視聴者の苦情を受けて2月に一時中断したものの、パッチ氏が教育面で価値があると主張したことで復活した経緯がある。

 エープリルが産んだ子としては4頭目。性別はまだ不明。動物園は名前を公募で決める。
【翻訳編集】AFPBB News