北朝鮮・朝鮮労働党機関紙の労働新聞は16日、前日の故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年(太陽節)の様子を報じる特集号を発行した。紙面は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長らが出席し、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられるミサイルを初めて公開した軍事パレード(閲兵式)を大々的に報じた=16日、ソウル(労働新聞=聯合ニュース)
(END)

写真拡大 (全7枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は16日午前、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長(閣僚級)主宰の国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、対策を協議した。
 青瓦台秘書室長や外交・統一部長官、情報機関トップの国家情報院長らが出席した。北朝鮮の今回の挑発を分析し、今後の対応策を議論した。
 青瓦台は報道資料を通じ、「北の核実験や弾道ミサイルなどさらなる挑発の可能性をチェックし、挑発時には厳しく対応する方針を決めた」と伝えた。
 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日午前、東部の咸鏡南道・新浦付近から弾道ミサイル1発を発射したが失敗した。 
csi@yna.co.kr