オーストラリア出身だけど、「オーストラリアを故郷だと思っていない」と発言したり、整形を担当した医師へSNSで感謝のメッセージを送ることなどから、"お騒がせラッパー"と言われるイギー・アゼリア。そんな彼女がラジオ番組で、とある動きを続けたら1週間で7キロ近く痩せたと告白し、人々を驚かせている。

その動きとはお尻をフリフリする"トワーキング"。これは、マイリー・サイラスが2013年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで披露してから再びブームが到来したダンス。キム・カーダシアンやニッキー・ミナージュもトワーキングのプロ。

In honor of @styledbyhrush birthday a month ago LOL she taught me how to twerk on this trip so I'm posting it for her 😜

A post shared by Kim Kardashian West (@kimkardashian) on

イギー・アゼリアは新曲「Mo Bounce」のミュージックビデオの撮影でトワーキングを披露。

彼女は過去にもトワーキングしてきたし、トワーキングのしすぎでパンツが破れたことまであった。そんなトワーキングの初心者ではない彼女だけど、新曲のミュージックビデオのためにレッスンを受けることにしたのだとか。ニュージーランドのラジオ番組でその時の経験をこのように話した。

「1週間リハーサルを重ねたわ。そしたら15ポンド(約6.8キログラム)も痩せたの。それにしても、体が柔らかくないとうまくトワーキングできないとは知らなかったわ。先生には『ヨガがオススメ』とまで言われたのよ!」

Instagramでもトワーキングの練習をしている姿を投稿している。

Getting ready for 🇭🇰

A post shared by Iggy Azalea (@thenewclassic) on

Iggy X @lilinternet 🐉

A post shared by Iggy Azalea (@thenewclassic) on

結構ハードな動き! やりすぎるとカラダを痛めそう…。

<Daily Mail>に寄稿した医師は、イギーのダイエット法への注意点と危険性に触れた。

「まず、減量と脂肪を燃やすという違いがあります。大抵の場合は、生活リズムが変わった時に減る体重というのは、水分です。また、1週間という短期間でそれほどの減量をすれば胆石や不均衡症候群を引き起こす危険があり、心身ともに悪影響を及ぼす可能性があります。それに、そもそもトワーキングだけで7キロ近くも落としたとは考えづらいでしょう。運動はダイエットの20パーセントしか影響しないと言われています。残りは食べ物で、主に食事の量です。彼女も食事を変えたのでしょう」

しかし、トワーキングを完全に否定しているわけでもなさそう。

「私はいつもこう言っています。『楽しみながら続けるために、好きな運動を見つけて』。ダンスも運動ですから、トワーキングが好きなのであれば、ダイエットに良いかもしれませんね」

また世間を騒がせたイギー・アゼリア。トワーキングだけで7キロのダイエットは信じがたいけど、それだけ真剣に練習をしたということが言いたかったのかも!?

ブラック・ウィドウ feat. リタ・オラ

Buy Now