15日、中国新聞網は、中国最大の旅行予約サイト「携程(シートリップ)」を含む複数の旅行会社のサイトでこのほど、北朝鮮への団体ツアーが姿を消したと伝えている。写真は平壌。

写真拡大

2017年4月15日、中国新聞網は、中国最大の旅行予約サイト「携程(シートリップ)」を含む複数の旅行会社のサイトでこのほど、北朝鮮への団体ツアーが姿を消したと伝えている。

【その他の写真】

記事によると、携程のサイトで「朝鮮」と入力して検索すると「条件に合う関連商品は見つかりませんでした」と表示されるという。これについて、携程のカスタマーセンターは「昨年末から今年年初までにすべての北朝鮮団体ツアーを(サイトから)撤去した。撤去した理由は言えない。再発売の時期は未定だ」と回答している。

凱撒旅游や中国国旅、同程旅遊などの旅行会社のサイトも同様だ。「北朝鮮団体ツアーは以前は販売していたが、最近撤去した。再発売の具体的な時期は未定だ。個人向けのオーダーメイド旅行サービスも販売を一時中止している」(同程旅遊)、「北朝鮮団体ツアーへの申込者はこれまでずっと少なかったが、『撤去説』というものは存在しない。国家観光局から販売自粛などは命じられていない」(中国国旅)としている。

今月14日には、中国国際航空が、旅客の減少を理由に北京と北朝鮮の平壌を結ぶ便の運航を17日から停止すると伝えられている。(翻訳・編集/柳川)