なぜ日本人は「白銀比」を美しいと感じるのか

写真拡大

映画「ローマの休日」で有名な女優オードリー・ヘプバーンは、いまなお輝きを放つ不滅の美人女優である。また、ハリウッドスターからモナコ王妃になったグレース・ケリーや、悲劇の女優マリリン・モンロー、さらには「微笑みのシンボル」といえるレオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」は、いずれも人々を惹きつける美人だ。

彼女たちの顔には、実は1つの共通点がある。それは、眉と唇の口角を結んだ2本の線がつくる角度が45度であるということだ。

この45度を、私は「美人角」と呼んでいる。そして、美人角は「正方形」と「白銀比」(1対√2)に関係しているのである。

日本の建築は、丸太を正方形の角材に加工した材木が使われる。最もムダが少なく、梁の強度が大きくなる断面が、正方形の特徴だ。

その角材を使ってつくられる茶室には、多くの正方形が見られる。畳の配置、炉、座布団、ふすま、障子など、すべて静寂をつくり出すために選ばれた正方形だ。正方形は、日本文化の象徴である茶室の様式美といえる。ムダを徹底的に排した形である正方形のなかで、合理的な茶道具の配置と所作がデザインされた世界。それが茶道なのだ。

一方、45度は正方形に対角線を引くことで現れる角度だ。正方形の1辺と対角線がなす角度が45度である。

伝統芸能の1つである能は、その舞台が正方形であることが重要とされる。能の主人公を演じるシテは、正方形の舞台上で常に対角線方向の動きを意識しているそうだ。つまり、幽玄の世界である能では、45度の方向が意識されているということだ。

次に白銀比だが、正方形を対角線で半分に折った直角二等辺三角形には、白銀比が現れる。二等辺をそれぞれ「1」とすると、斜辺は√2(1.414……)だ。

この直角二等辺三角形を半分に折ると、同じ形(相似)の直角二等辺三角形ができる。同様に繰り返して半分に折っていくと、次々に直角二等辺三角形が生まれる。つまり、無限に相似がつくり出されるのだ(実際の紙で折る場合は限界があるが……)。

このように、45度は正方形と白銀比を連想させ、さらには無限の相似へと結びつく角度なのだ。もしかすると、茶の湯の世界を確立した千利休は45度の秘密に気づいていたのかもしれない。

女性の顔に現れる美人角は、正方形と白銀比を連想させ、ムダのない美しさに通じる。同時に、45度のラインは、直角二等辺三角形から無限に続く相似を連想させる。おそらく、45度は潜在的に私たちの美意識に訴えかける角度なのではないか。日本人は45度を見ることにより、無限に対する「美」、永遠に対する「美」というものを感じ取っているのかもしれない。これが、私が仮説を立てた「美人角45度」の秘密である。

さて、女性の読者(男性の場合は奥さんや彼女)には、この機会に自分の顔写真を真正面から撮り、2本のラインを引いて角度を測ってみていただきたい。美人角でなかったとしてもご安心を。45度に近い角度であれば、メークで眉のラインが調整可能だ。ぜひ「美人角」を実践していただきたい。

(サイエンスナビゲーター 桜井 進 構成=田之上 信 写真=AFLO)