トリ・スペリング&ディーン・マクダーモット

写真拡大

人気青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のドナ役で知られるトリ・スペリングが、第5子の誕生によって結婚生活が救われたと語っている。米Peopleなどが報じた。

3月2日(木)、トリは夫ディーン・マクダーモットとの間に、ボー・ディーン・マクダーモットと命名された男児を出産。計画的な妊娠ではなく完全なサプライズだったそうだが、夫婦ともに息子の誕生に大喜びしていると伝えられていた。

今でこそ安泰な結婚生活を送っている二人だが、2013年にディーンが出張先のカナダで出会った女性と一晩限りの関係を持ち、その女性がメディアに名乗り出たことで浮気が発覚。これを機に別居生活をスタートさせたトリとディーンの夫婦仲は破綻し、離婚寸前だと何度も報道されていた。そのことについて同サイトのインタビューに応えたトリは、「結婚生活を立て直すには時間がかかったわ。今は赤ちゃんが生まれて(幸せな結婚生活が)当然な感じだし、新しい夫婦関係に新たに赤ちゃんが誕生したみたい」と、第5子が二人の関係に新しい風を吹き込んでくれたと述べている。

そして、不仲の元凶を作ってしまったディーンは、「トリが、僕から歩き去らなかったことに感謝して幸運に思っている。今は、信じられないほど素晴らしい関係を築けているからね。彼女なしの人生なんて想像出来ない」とコメントし、5人の子どもたちに囲まれた二人は幸せいっぱいのようだ。(海外ドラマNAVI)