ROOMIEより転載:


キッチンの戸棚の中、奥の方にたたずむ調味料たち。定期的には使用しないが、必要なときにいざ開けようとするとビックリするほど固いのが「瓶のフタ」だ。

男の意地を見せたいと思いつつも、すぐさま断念。軽く叩いてみたりタオルでくるんでみて、やっと開けられる。なぜゆえに、この小さなビンと20分ほど格闘しなければならないだろうか......

そこで役立つグッズを紹介。もしかしたら、すでに家にあるかもしれない。

20170416roomie_silicon2.jpg


ニトリから発売されている「シリコン鍋敷き」。シリコン素材なので、瓶のフタを掴む滑り止めとして最適だ。

ただ、「シリコン製の鍋敷きで瓶のフタを開ける」というテクはすでにそこそこ知られている。ニトリのこの商品が特徴的なのは、表面のでこぼこなかたち。平らなものとは異なり、指より細かくフタを包み込むのだ。


20170416roomie_silicon3.jpg


キッチンの戸棚に眠る調味料に限らず、小さくて開けにくい瓶でも使用している。

とにかく、手にフィットして開けやすい。


20170416roomie_silicon4.jpg


これだけグニャグニャにしても、平気。ひとつあれば、いざというときに非常に役立つだろう。



ROOMIEでは他にも、キッチンにあったら嬉しいアイテムやスタイリッシュで遊び心あるアイテムを多数紹介中。暮らしがちょっと楽しくなる、そんなアイテムを探しに行ってみてはいかがでしょうか?

無表情のまま、頭で絞る。木製のシンプルなレモンスクイーザー素材にもみ殻を使用した「Rice Ware」ブランドのまな板オーストラリアに住む夫婦の手作り。素材にミツロウを使用したフードラップ