LINEを恋人や友だちとするのも楽しいですが、家族のコミュニケーションで使うかたも多いと思います。今日は、仲良し親子のみなさんに、家族とどんなLINEをしているのかインタビューしてきました! さまざまな愛情のカタチ思わずほっこりしちゃいますよ。いってみましょう!

作った料理や食べに行った料理の写真を送る

「結婚してからは、作った料理を母に送って報告しています。作り方をきいたり。冷蔵庫の中身を言って献立を考えてもらったりしてますね(笑)。結婚する前よりも家族と連絡とるようになりました。母もときどき、外食にいったときの写真を送ってくれるんですよ」(販売/30代/女性)

▽ いいですね〜。体の距離はあっても、電話で声をきいたり、メッセージを送ることで心の距離はだいぶ近く感じられるものですよね。筆者も還暦をすぎた母がいますが、最近では母というより親友みたいな関係性に近いなと思います。歳を重ねてきた証拠でしょうか。

新しいスタンプがリリースされると送りあう

「娘が好きなスタンプが出ると、教えてあげたりしています。そこで盛り上がって、お気に入りのスタンプを自慢しあったり。子どもみたいですけれど、すごく楽しいんですよ」(ヘルパー/50代/女性)

▽ 「あ、これかわいい!」とか「今回のはなかなか使えるね」なんて言いあうのもすごく楽しいですよね! 

ネットでみかけた面白い動画を共有する

「祖父母の介護で忙しい母に、すごしでも気が紛れればと思ってネットでみかけた面白い動画とかをシェアしてます。動物の動画に癒されるみたい。彼女が飼ってる犬を撮って送ったりもしてます」(専門学生/20代/男性)

▽ ねぎらいの気持ちはきっと伝わっていると思いますよ。かわいい動物の動画をみると疲れも吹きとびますよね。素敵なアイデアだと思います。

DIY好きの父に、作れそうなものを見かけたら報告する

「日曜大工が好きな父に、デパートやネットで見かけた『これ、作れんじゃね?』っていうものを写真に撮って送っています。気に入ったものがあれば返答がありますね。凝り性なので、ミリ単位でサイズを聞いてくるんですよ。メジャーは必須です。あと、デザインの凝った部品とかも見かけたら送りつけています」(看護師/30代/男性)

▽ DIYで作った方が安くつく場合もありますものね。趣味を親子で共有できるなんて、うらやましいです。筆者もDIYしてくれるお父さんが欲しいです!

髪を切った報告をしたり、買った洋服を見せ合ったりする

「嫁に行った娘が二人います。髪を切りに行ったりすると、『写真送って!』ってうるさいんですよ(笑)。照れくさいけれど、喜ぶので送ってます。なかなか自撮りはなれないです」(主婦/60代/女性)

▽ 新しいお洋服を買ったりするときも、写真や動画で報告しあうのだとか。自分のちょっとした変化を言い合える相手がいるというのは、心の支えにもなりますよね。お嫁さんにいった娘さんたちも、ブルーになってしまったときに家族とつながることでたくさんの元気をもらっているのだと思いますよ。

いかがでしたでしょうか?
LINEのさまざまな楽しみ方をお届けいたしました。時代は変わるもので、筆者が学生のころはちょうどメールが出始めたころでした。それももちろん、今のようなカラー画面ではなく、白黒でした。大学になるころに液晶が登場し、アプリが世に出てきました。そのころを考えると、今のスマホは魔法道具ですよね。どんどん新しく便利になる機能、せっかくですから、もっと家族で使って愛を深めていけたら素敵ですよね。ぜひ、あなたのLINE活用術もお聞かせください!