ハーフナーが4戦連発弾でチームをドローに導く!! 上位のPSVから価値ある勝ち点獲得!!《エールディビジ》

写真拡大

▽ADOは15日、エールディビジ第31節でPSVと対戦し、1-1のドローで試合を終えた。日本代表FWハーフナー・マイクはフル出場を果たし、4戦連発となる今季8ゴール目をマークした。

▽降格プレーオフ圏内の16位・NECに勝ち点3差の13位・ADOが、ホームに3位のPSVを迎えた一戦。3試合連続ゴール中のハーフナー・マイクは4試合連続となるスタメン出場を果たした。

▽試合は開始7分にディヴィ・プレッペルのゴールでPSVが先行する。しかし87分、味方選手が放ったシュートのこぼれ球を、ボックス内のハーフナー・マイクが頭で押し込むとこれがネットを揺らし同点に。

▽試合はそのまま終了し、3連勝中だったADOは勝利こそ逃すも上位チームを相手に勝ち点1を獲得。この結果、順位こそ変わらなかったものの、降格プレーオフ圏内との勝ち点差を4ポイントに広げている。

▽なお、ADOは次節、その降格プレーオフ圏内に位置しているスパルタとアウェイで対戦する。