過去3年を振り返ると、2014年はアウディA3、2015年がメルセデス・ベンツCクラス、昨年はマツダ・ロードスターが輝いた「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」。同賞は世界24か国、75名のモーター・ジャーナリストによって選出されています。

「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー 2017」に選ばれたのは、ジャガー初のSUVである「F-PACE」。

アウディの「Q5」、フォルクスワーゲンの「ティグアン」を抑えて、ジャガー初の獲得になります。F-PACEはジャガー史上最も速いペースで販売台数を伸ばしているそうで、ジャガー・ランドローバーの成長を支え得ているモデル。ポルシェがSUVで飛躍しているように、ジャガーもSUVというピースが不可欠になっています。

さらに、部門賞の「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2017」にも選出されて見事ダブル受賞。世界で最も優れたクルマ、かつ美しいクルマという評価を得ています。

ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏は、「F-PACEはジャガーにとって初めてのSUVではありますが、ひと目でジャガーと分かります。この点も受賞理由のひとつとして評価いただき、ユニークなデザイン方針と洗練されたドライビング・ダイナミクスを新しい市場に投入するという決定に間違いはなかったことが証明されました」とコメント。

部門賞の「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2017」は、ジャガーF-PACEのほか、メルセデス・ベンツのSクラスカブリオレとトヨタC-HRが最終選考に残り、この2台を抑えての獲得になります。

(塚田勝弘)

ジャガー初のSUV「F-PACE」が「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー 2017」に選出。トヨタ・C-HRなどを抑えてデザイン部門も受賞(http://clicccar.com/2017/04/16/463249/)