ヘアケアに欠かせない♡ 渡辺直美ちゃんも愛用“ナイトキャップ”の実力を徹底検証

写真拡大 (全20枚)

「髪は女の命」と昔から言われているように、服や肌よりも、髪の状態は女性の第一印象を大きく左右するもの。出会いの多くなる春だからこそ、ヘアケアは入念にしたいですよね。だけど、朝のヘアスタイリングに時間がかかっていませんか? 髪が広がったり、パサついたりして朝は大変……という場合、それって寝ている間に髪がダメージを受けている証拠です!

渡辺直美ちゃんも使ってる♡ ロングヘア女子の味方、シルクのナイトキャップ


そんなあなたにぜひ試して欲しいのが、シルク素材のナイトキャップ!
去年、渡辺直美さんがInstagramで紹介したことでも話題になりましたよね♡

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 - 2016 1月 27 11:12午後 PST



大した効果はないだろう? ノンノン!
私はもう二度とナイトキャップなしで夜は過ごせない! と思うくらい、超優秀なヘアケアアイテムだと断言します! そこで、今回はその実力を徹底検証したいと思います!

今回の実験に使うのは……ワコール 睡眠科学ナイトキャップ!



ナイトキャップはamazonなどで探してもいろいろと出てきますが、やはり毎日肌や髪に直接触れるものなので、いろいろ厳選し、私の場合はワコールさんでゲット♪ 

綿素材とシルク素材がありどちらも良いのですが、シルク素材は保湿効果も期待できるので、よりおすすめです。


Wacoal(ワコール) 睡眠科学 シルクサテン ナイトキャップ / ¥4579 / より心地いい眠りを科学した【ワコール睡眠科学】の大人気シルクサテンナイトキャップです!


LilySilk(リリーシルク)シルクナイトキャップ / ¥3499 / 渡辺直美さんおススメのブランド。
柔らか素材ですので頭周りを問わずストレス無くご利用いただけます。

ではいざ、検証してみたいと思います!

検証1日目:髪を束ねるだけで寝る


そのまま寝ると髪に良くないというのはもはや常識なので、少しでもダメージを軽減するために、髪をひとつに束ねて寝ることにします。

私はくせ毛かつ、細い猫っ毛で、ただブローしただけでは日によって仕上がりに差が出てしまう可能性があります。今回は同じ条件で検証したいので、まず最初にストレートアイロンで髪をまっすぐにします。



そして、結び目の跡がつかないように、ゆるめに髪を束ねます。



起床後


ゆるめにしすぎたのか、髪の毛がこんもりしています……。毛先もクセがすごいです。

一生懸命ブラシでとかしましたが、寝る直前の髪のツヤは一切ありません。



ドライヤーで乾かすのが甘かったのか、乾かしづらい後ろの方の髪の毛はくせが強く、毛先は良く見るとかなりパサパサになってしまいました。


1日だけならまだしも……。これを毎日続けていたら当然パサパサになってしまいます。

検証2日目:ナイトキャップをかぶって寝る


さて、いよいよ本命のナイトキャップをかぶっての検証です。
まずは1日目と同様、ストレートアイロンで髪を整えるところから始めます。


ここまでは一緒。

私の場合は髪が長すぎてそのままだとナイトキャップに収めるのが大変なので、1日目と同じようにゆるめに髪を束ねておきます。



そして、ナイトキャップをかぶります。イメージ的には童話に出てくるヨーロッパのおばあちゃんがつけてる、アレですね(笑)。



髪がそんなに長くない人は、そのまま入れてもOKです!

起床後


ナイトキャップに押し込めた毛先にクセがついてしまったようですが、全体的なつやのキープ力は1日目よりはるかに良い! 多少アホ毛も立っていますが、全体の崩れは1日目ほどは気になりません。

さらに丁寧にとかすと……こんな感じです!



BEFOR→AFTER
いかがでしょうか? 1日目と比べて見てください。


ツヤ感がしっかりキープできていて、クセの出方も全然強くないです♡ 

特に違いが分かるのが毛先! 痛みがちな毛先は、一晩の摩擦でさらにかなりのダメージを受けていましたが、ナイトキャップをかぶった2日目では毛先までツヤが残っていますよね。

ナイトキャップをかぶって就寝するだけで、朝のスタイリングもとても楽チンに♪ 忙しい朝の準備も簡単にできるようになりますし、美髪もキープできて一石二鳥♡
この春、ヘアケアを頑張りたいあなたは、ぜひ試してみてくださいね♡


(kaori ueyama)