トヨタ自動車(以下トヨタ)が今年2月15日に発売した新型「プリウスPHV」は、発売後1ヶ月間で月間目標台数の5倍となる約12,500台を受注するなど、大きく販売台数を伸ばしています。

大容量リチウムイオン電池を搭載し、プラグインハイブリッドシステムの効率化により、一充電当たりのEV走行距離を先代の約2.6倍となる68.2kmに拡大。

EV走行による最高速度も先代の100km/hから135km/hに向上するなど、目覚しい性能アップを果たしています。またハイブリッド車としても、37.2km/Lの低燃費を実現すると共に、量産車では世界初となる「ソーラー充電システム」を採用。

駐車中に太陽光エネルギーを電力に変換することで、最大約6.1km/日(平均約2.9km/日)走行分の電力量を駆動用バッテリーに供給します。さらに「駆動用バッテリー専用ヒーター」や、冬季に活躍する世界初の「ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン」を採用。

4月12日には、昨年米国で先行発売された「プリウス Prime(米国名)」が「ワールドグリーンカー」に選出されました。

「ワールドグリーンカー」は、WCOTY(ワールドカーオブザイヤー)において表彰される部門賞で、今回は2015年秋から2016年秋の間にデビューした新型車が対象。

世界23ヶ国、総勢75名のトップレベルの自動車ジャーナリストに加え、環境技術の権威によって選考が行われ、受賞には2017年春まで生産されており、世界の2大陸以上で販売が継続されていることが条件となります。

今回、「プリウス Prime」は、米テスラ「モデルX」と、シボレー「ボルトEV」を抑えて受賞。

<歴代のワールドグリーンカー受賞車>

TOYOTA MIRAI(2016)
BMW i8(2015)
BMW i3(2014年)
TESLA MODEL S(2013年)
Mercedes-Benz S250 CDI BlueEFFICIENCY(2012年)
Chevrolet Volt(2011)
Volkswagen BlueMotion(2010)
Honda FCX Clarity(2009)
BMW 118d with Efficient Dynamics(2008年)
Mercedes-Benz E320 Bluetec(2007年)
Honda Civic Hybrid(2006)

昨年はトヨタ「MIRAI(ミライ)」が受賞しており、米国トヨタのジャック・ホリス副社長は、 2年連続となる受賞に際して「トヨタのようなグローバルメーカーにとって、この賞は素晴らしい名誉であり、世界中のお客様のモビリティニーズに応えることができます」とコメントしています。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

トヨタ新型プリウスPHVのソーラー発電、急速充電は必要?
http://clicccar.com/2017/03/01/450199/

新型・プリウスPHVに採用された画期的な新技術とは?
http://clicccar.com/2017/02/19/446273/

新型「プリウスPHV」2月15日発売!先行試乗者の声
https://clicccar.com/2017/02/12/444257/

動画で見る新型「プリウスPHV」の先進ディスプレイ機能!
https://clicccar.com/2017/01/09/433480/

イベントで明かされた、新型「プリウスPHV」の開発秘話とは?
https://clicccar.com/2016/12/21/428357/

【関連リンク】

TOYOTA PRIUS PRIME
http://www.toyota.com/priusprime/

ニューヨーク国際自動車ショー
http://www.autoshowny.com/

WORLD GREEN CAR
http://www.wcoty.com/files/2017_WorldGreenCar.pdf

【ニューヨークショー2017】トヨタ「プリウスPHV」がWCOTYグリーンカー受賞!(http://clicccar.com/2017/04/16/463732/)