14日、韓国・国民日報などによると、珍島犬を崇拝する韓国の宗教集団の信者が3歳児を暴行し死亡させる事件が起きた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国のパトカー。

写真拡大

2017年4月14日、韓国・国民日報などによると、珍島(チンド)犬を崇拝する韓国の宗教集団の信者が3歳児を暴行し死亡させる事件が起きた。

ソウル江西(カンソ)警察署は14日、3歳の男の子をへらで殴って死亡させた疑いで、宗教団体の幹部A(53歳女)を拘束した。A容疑者は2014年7月7日、信徒B(41歳女)の3歳になる息子に悪魔が取りつき言うことを聞かないとし、頭などをへらで殴って死亡させた疑いを受けている。警察はまた、A容疑者と一緒に息子の遺体を遺棄し、再びこれを掘り起こし火葬した疑い(死体遺棄および死体損壊)でB容疑者も拘束し、A容疑者とともに検察に書類送検した。

警察によると、平凡な家庭の主婦だったB容疑者は、A容疑者がいる宗教集団に入信した後、夫と離婚し、殺害された息子と娘(10)を連れて、この宗教集団が運営する「共同体」に入った。この宗教集団は珍島犬を崇拝しており、1つの家に珍島犬10匹を「霊物」として祭り、他の3つの家で10人の信徒が共同生活をしていた。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「犬を祭る宗教団体なんて初めて聞いた」と、事件を起こした宗教団体の特異性を指摘する意見とともに、「こんなこと珍島犬も望んでいない」「人のやる事じゃない」「こんなの、何が宗教だ」「信教の自由はあるが、カルト宗教は取り締まりの対象とするべきだと思う」など、批判的な意見が多く寄せられた。

また、「次に生まれ変わるときには、温かな愛を十分に受けることができる家庭にね」と、犠牲者を悼む声もあった。(翻訳・編集/三田)