イグアインの2試合連続ドッピエッタで最下位に快勝のユベントスがローマとの勝ち点差を8に拡大《セリエA》

写真拡大

▽ユベントスは15日、セリエA第32節でペスカーラとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。

▽前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利した首位ユベントス(勝ち点77)は、2位ローマとの6ポイント差を維持。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝した。好調を維持するチームはバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のボヌッチを欠く中、ディフェンス陣を総入れ替えし、マルキジオを起用した。

▽4日後にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的な最下位ペスカーラ(勝ち点14)に開始早々、ユベントスはブルクマンに枠内シュートをマークされると、ペスカーラの鋭い出足の前にやや面を食らった立ち上がりとなってしまう。

▽それでも、徐々にポゼッションを高めていくと、10分に決定機。ボックス左に流れたイグアインの折り返しを、マンジュキッチがダイレクトでシュート。しかし、GKの正面を突いてしまう。

▽それでも22分、クアドラードがボックス右から放った強烈なシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをすかさず拾ったクアドラードが折り返し、最後はイグアインが難なく押し込んだ。

▽その後、イグアインのヘディングシュートで追加点に近づいたユベントスは、37分にボックス右に流れたイグアインのボレーシュートがGKを強襲。すると43分に突き放す。右サイドからのピャニッチのクロスをファーサイドのマンジュキッチがヘッドで折り返すと、イグアインが難なく押し込んだ。

▽余裕のユベントスは後半からピャニッチに代えてリンコンを投入。しかし、ムンタリとの接触で右足を痛めたディバラが交代を訴え、ストゥラーロとの交代を強いられる。そのストゥラーロは60分、クアドラードの浮き球パスを受けてボックス左からシュートに持ち込むも、GKのセーブに阻まれた。

▽無理せず試合を締めにかかるユベントスは、終盤にかけてペスカーラに何もさせず2-0のままフィニッシュ。アタランタに引き分けた2位ローマとの勝ち点差を8ポイントに広げている。