日本を訪れる中国人旅行客が驚くことの1つに日本の制服文化が挙げられる。中学生や高校生は学校が指定する制服を着用し、コンビニやスーパー、百貨店などでも店員はそれぞれの制服を身につけている。また制服ではないものの、ビジネスマンの多くはスーツを着用している。学生から大人まで当たり前のように同じ服を着ていることは、中国人から見ると特別なことに映るようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が驚くことの1つに日本の制服文化が挙げられる。中学生や高校生は学校が指定する制服を着用し、コンビニやスーパー、百貨店などでも店員はそれぞれの制服を身につけている。また制服ではないものの、ビジネスマンの多くはスーツを着用している。学生から大人まで当たり前のように同じ服を着ていることは、中国人から見ると特別なことに映るようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本という国は制服好きな国だ」と伝えつつ、日本ではどのような職業であっても制服を着用するのが一般的で、男性は夏でもスーツを着用して仕事をしていると驚きを示す記事を掲載した。

 記事は、日本人が制服を着用する理由について「集団に属することを強調し、団体精神を喚起すると同時に個性を埋没させるため」ではないかと考察。心の中ではいろいろ思うところがあるのに、それを口にしない日本人の性格が表れているようだと主張した。

 さらに「日本人は制服を着ることによって安心感と一体感を感じている」と主張。もし銭湯に行って周りの人は服をすべて脱いでいるのに自分だけ服をしっかり着込んで風呂に入っていたとしたら、それは回りの人に流されていないことの証しとなるだろうかと疑問を投げかけ、周りの人と同じ格好をすることで日本人は安心感と一体感を得ていると主張した。

 中国でも学生は同じジャージを着用し、軍人は軍服を着用する。また、公務員はスーツを着用することが一般的だが、一般企業の職場では制服などはなく、ホワイトカラーと呼ばれる職であっても私服で働く光景がごく当たり前に見かけることができる。日本人の感覚からするとあまり深く考えることはないかもしれないが、日本人が職業に応じて一様に同じ格好をしていることは、中国人からすれば奇妙に映るようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)