8歳少年がバンを運転しマックのドライブスルーへ(出典:http://nypost.com)

写真拡大

ドライブスルーは車に乗ったまま買い物ができる便利なサービスだが、このほどオハイオ州のイースト・パレスティーンのドライブスルーに車を走らせてやってきたのはなんと8歳の少年だった。しかも助手席には4歳の妹を乗せていたという。店のスタッフはもとより警察官までもが驚かされたこのニュースを『New York Post』や『Metro』など複数メディアが伝えている。

4月9日の夜、夕食を済ませてそろそろ寝る時間という頃になって、この8歳少年はどうしてもある冒険がしたくなった。自宅から2.4kmほど先にあるマクドナルドのドライブスルーに行ってチーズバーガーを購入することを思い立った少年は、父親が早寝をし母親がソファでうたた寝をした頃合いを見計らって父の車の鍵を手にし、家を出た。

助手席に4歳の妹を乗せ、少年はハンドルを握り4か所の交差点を難なく走行。制限速度を守りながら赤信号でもしっかりと停止し、そしてドライブスルーが見えると器用に左折してレーンに入った。

ドライブスルーのスタッフは、1トンのバンの運転席にいる少年を見て最初はいたずらだと思ったという。後部座席に親が隠れているに違いないと思い確かめたものの親の姿は見当たらず、乗っているのは子供だけという事実に驚いた。

少年はペダルを踏むために立ったまま運転していたというが、子供がハンドルを握る姿を目撃した通行人2人が通報したことにより、イースト・パレスティーン署のジェイコブ・ケーラー巡査は少年がドライブスルーに到着したのとほぼ同時刻の午後8時頃、現場に到着した。

また店内には偶然にも少年を知る客がおり、その客から連絡を受けた祖父母も店に駆け付けた。少年の両親はケーラー巡査から連絡を受け署で落ち合ったようだ。ケーラー巡査が少年に話を聞いたところ「どうしてもチーズバーガーが食べたかった」と答えたという。

「彼はYouTubeで5分ほど見て、運転を覚えたようです。私が姿を見せると悪いことをしたことに気付いたのでしょう、号泣しました。貯金箱のお金を持ち出して妹とチーズバーガーを食べに来たと言っていましたが、こんな小さな子が業務用のバンを運転して、しかもどこにもぶつからずにここまで運転して来たというのは驚き以外にありません」とケーラー巡査は話している。

少年は初めて運転を試みたというが、奇跡的に怪我人もなく事故にならずに済んだことと法律に触れていないという理由から逮捕や起訴を免れた。祖父母らが駆け付けるまでの間、少年と妹はチーズバーガーとチキンナゲット、フライドポテトを食べて待っていたそうだ。チーズバーガーにありつけたことで少年の危険な冒険は無駄にならずに済んだが、非現実的な出来事にその場にいた誰もが驚きを隠せなかったことだろう。この出来事が原因で、両親から少年がしばらく外出を禁じられたかどうかは定かになっていない。

出典:http://nypost.com
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)