イラン北西部のアザーシャーで、大雨による増水で損傷した橋の修理にあたる作業員ら(2017年4月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)イラン北西部で洪水が発生し、少なくとも35人が死亡、8人が行方不明となっている。国営メディアが15日、報じた。

 東アゼルバイジャン(East Azerbaijan)州は14日から激しい雨に見舞われ、国営テレビは決壊した河川や浸水した住宅、押し寄せる洪水に流される車の様子などを放送した。

 最も大きな被害が出たのはアジャブシル(Ajabshir)とアザーシャー(Azarshahr)で、アジャブシルの当局者は国営イラン通信(IRNA)に対し、救助隊が女性3人、男性9人の遺体を収容したと述べた。国営テレビによると、近隣のアザーシャーでは2人が死亡した。
【翻訳編集】AFPBB News