アジア選手権決勝を決めた平野美宇【写真:Getty Images】

写真拡大

アジア選手権決勝、世界ランク5位の陳夢を3-0で撃破

  卓球のアジア選手権(中国・無錫)は15日、女子シングルス決勝で平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク5位の陳夢(中国)を11-9、11-8、11-7のストレートで下し、初優勝を決めた。

 日本女子の優勝は、1996年の小山ちれ以来21年ぶり。女子シングルスは中国勢が5連覇を達成しており、敵地で歴史的な優勝を飾った。

 平野は今大会、準々決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルで世界ランク1位・丁寧(中国)を下すと、この日行われた準決勝で前回女王で同2位・朱雨玲(中国)も撃破。連続金星を挙げ、国際卓球連盟の公式サイトで「ハリケーン・ヒラノが再び衝撃」「日本からの新星は今日、眩いばかりの活躍を見せた」などと絶賛されていたが、格上の中国勢に3連勝でアジアの頂に立った。

 最年少の全日本女王は前日14日の準々決勝で17歳を迎えたばかり。天才少女が日本の卓球界に偉業を打ち立てた。