飲む羊羹に、さらっと甘酒......ほっと安らぐ「和の飲み物」

写真拡大

春の訪れを知らせてくれる桜。四季の中でも印象に残りやすい、やわらかいピンクの花を愛でる「お花見」は日本特有の文化です。こんな時期はせっかくだから日本を楽しめそうなの飲み物を頂きたいもの。いつものコーヒーや紅茶もいいけれど、ひとりでもみんなとでも楽しめそうな、日本らしいおいしいそうな飲み物を見つけました。
初めてでも飲みやすいさらっとした甘酒

さらっと飲みやすい糀の甘酒720ml【初回限定 お試し価格】通常価格1,080円(税込)→980円 (税込)

糀の甘酒専門店「古町糀製造所」が通信販売限定で2017年4月5日(水)に販売開始した『さらっと飲みやすい糀の甘酒』。初めて甘酒を飲む方でも飲みやすく仕上げた甘酒です。ここのところ話題の美容と健康に役立つ様々な栄養素を含んだ甘酒ですが、独特の濃い甘さが苦手、という人も多いもの。古町糀製造所では甘酒のクセをなくし飲みやすくする研究を続けてきたのだそう。これなら甘酒をちょっと避けてきた人にもトライしやすそうです。
新感覚! ギフトにもぴったり、飲む羊羹

飲む羊羹 ICHIZU 3,240円(税込)

1935年創業の老舗菓子店「清月(せいげつ)」から2017年4月1日(土)に発売された『飲む羊羹 ICHIZU』。『飲む羊羹 ICHIZU』は、従来の"食べる羊羹"とは一線を画した"飲む羊羹"という新しい羊羹。地元である北海道北見市の「小豆」にこだわって作られています。ワインボトルに入っておりスタイリッシュで高級感があるのでギフトにも最適。飲むだけでなくトーストやアイス、これからの季節にはかき氷にかけてもぴったりです。
昔からの和の食べ物はここのところ、ひと工夫してスタイリッシュになったり、アレンジされて苦手な人にも手を出しやすくなっていたりと再注目されることも多くなりました。不思議なものですが和のものをいただくと、ホッと癒される感覚になります。いまはいろいろな国の食べ物を気軽に楽しめるようになりましたが、季節のイベントには日本伝統のものを取り入れるのも乙なものです。
[古町糀製造所,清月]
image via Shutterstock