SUPER GTのGT300クラスでも異彩を放つ存在といえるSUBARU BRZ R&D SPORT。

毎年改良を重ねているところは2017年シーズンも同じですが、4月8〜9日に開催の開幕戦岡山では、それまでのテスト走行でも見せることの無かった大きな変更が話題となりました。

その変更点とはリアウイングの取り付け方法。スワンネックと呼ばれる取付けステーの形状により吊り下げ式となったリアウイングですが、この狙いはウィング下面をすべて使えるところ。ステーの上に置くタイプではステーが邪魔して実質85%程度しか使えなかったウイング下面が100%使えるようになったことでダウンフォースを増やすことが出来るのです。

ウィングでダウンフォースを発生させるには上面を押さえつけ、下面で吸い上げるというのが基本的な考え方ですが、最近はこの下面の空気の流れが重要視されているのです。

開幕戦前の3月中に行われた岡山、富士の公式テストで明らかになっているトランスミッションの後輪車軸直近への搭載位置の変更、いわゆるトランスアクスル化により重心の最適化を行い、リアウイングのスワンネック化と相まって後輪の荷重を増す方向でのアップデートが施されています。

この改良点については概ねの成果を得たようで、総監督の辰己英治さんによると「まだ走り込みが足りないから正しい評価ではないが、ドライバーには好評で固いコンパウンドのタイヤを選んでもタイムが出しやすいと言っている」とのことです。

ライバルに比べてピークパワーが足りないともお話くださいましたが、そこを補って余りある改良の成果であったのでしょう。開幕戦岡山の予選では6位の位置につけています。

開幕戦決勝、スタート前のグリッドでは井口選手も終始笑顔。マシンに手応えを感じていなければ出来ない表情です。

グリッドでのチームの雰囲気は和やかで、決勝ではもっと上に上がることができるという自信が溢れていました。

スタートドライバーは山内英輝選手。

フォーメーションラップでのGT500のトラブルでのセイフティーカー(SC)スタート、そしてライバルのマークX MCクラッシュによるSC導入などで荒れた幕開けとなった開幕戦岡山の決勝ですが、SUBARU BRZ R&D SPORTと山内選手はSC解除後から猛プッシュ。

5周目には前を行くマネパ ランボルギーニ GT3を、17周目にもJMS P.MU LMcorsa RC F GT3をパスし4位に浮上。グリッドで見せた自信をまざまざと見せつけて行きます。

その後トップを行く3台がピットインしたために暫定首位で29周目にピットイン。タイヤを4本交換し、井口選手に交代してコースへ復帰していきます。

気温も路面温度も下がり始めた頃のピットアウトで思うようにタイヤが温まらない状況の中、やっと28秒台のペースを掴みかけた37周目にトラブルが発生。井口選手はパイパーコーナーの立ち上がり部分でグリーンにマシンを寄せて停めてしまいます。

ピットに戻った井口選手からスタッフが報告を受けます。症状はバッテリーに充電しなくなったとのこと。電源が落ちてしまったために無線も使えない状態だったそうです。

「詳しくはマシンをバラしてみないことにはわかりませんが、報告を受けた症状だけであれば充分に対策できます」とは辰己総監督のお話。

進化の方向性は間違っていないことが明らかになった開幕戦岡山だけに、リタイアでのポイントの取りこぼしは非常に悔しい結果。次戦の富士では優勝で岡山のリタイアを取り戻して欲しいものです。

(写真・文:松永和浩)

【SUPER GT2017】SUBARU BRZ R&D SPORTは大進化でチャンピオンを目指す(http://clicccar.com/2017/04/15/462799/)